高熱を出す妻に対して食事のダメ出しをする夫 義母から一喝!「何させてんの!」

この人なら大丈夫と、結婚を誓い合った2人。しかしいざ結婚生活を始めると、互いの価値観の違いに驚くこともあるのではないでしょうか。

今回、YouTubeチャンネル『平成の雄叫び』にアップロードされた動画には、そんな夫婦の価値観のズレに焦点を当てたストーリーが展開されています。

■家庭料理に憧れる夫…

主人公である妻の義両親は、共働き。そのため、義母は昔から時短のためにと、最新の家電を購入し、できない家事は外注をしていました。

結婚後も仕事を続けたいと考えていた妻にとって、「そうした環境の元に育ってきた人となら結婚生活も大丈夫だろう」と思っていました。

そして結婚後も仕事を続け、家事もできる範囲でこなしていました。

しかし、夫には家庭料理というものに対して憧れが…。

残業で帰った妻がどうにか用意した一汁三菜と漬物に、質素な食事だと文句をタラタラ。

しかも妻が食に携わる仕事をしている、というだけで、毎晩テーブルにご馳走が並ぶと勘違いをしていたのです。

「こんなはずじゃなかった」という夫に、「たまには出前を取ったり、出来合いのものを買ったりしたら、早いし疲れないんじゃない」と提案をしてみたものの、あっさりと却下されてしまいます。

ある休日、妻は朝から39度超えの熱を出してしまい、足元もフラフラ…。夫には家事や買い物を頼めず、近くに住む義母へ電話で助けを求めたのです。

すると、義母から仕事が終わったら来てくれるとの返事が。そうとは知らず、夫は高熱を出してぐったりしている妻に、「朝飯はどうすんの」との思いやりのないひと言。

妻はもうろうとする中、作り置きのおかずやできる範囲で、料理を用意することにしました。その時、義母からの電話が…。

「心配で仕事を切り上げてきたの。合鍵で入っても大丈夫かしら」との温かい言葉に、嬉しさで胸がいっぱいになってしまいます。

「ちょっと待っていてください」と、義母との電話を繋いだまま、夫を食卓へ呼びました。

すると、料理を目にした夫が「手抜きだなあ!」「これって買ってきたものだろ」と、ゲラゲラ笑い、用意した料理を散々にけなしたのです。

そこへ、その様子を全て聞いていた義母が登場!

義母のスカッとする一喝のおかげで、夫は考えを改めてくれた模様。次の日の朝、義母から教えてもらったという、お粥を作ってくれたのです。

夫婦の価値観の違いが生じることは多々あります。

自分とは異なる価値観の存在を認め、お互いが納得できるところで、歩み寄っていくことが大切ですね。


[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]


出典
【漫画】私「この会話お義母さんが聞いてるから」夫「は!?」ある日高熱を出してダウンしていた私→良トメの義母にヘルプを求めると旦那に食事の催促からダメ出しまでされたので…(スカッと漫画)【マンガ動画】

関連記事(外部サイト)