17〜18日の未明に『しし座流星群』がやってくる! 少しでも観測するには…?

しし座流星群、17-18日未明が観測のチャンス 国立天文台「1時間に3個ほど見られる」

記事まとめ

  • 毎年11月は「しし座流星群」が見られる時期で、今年は17-18日の未明が観測のチャンス
  • 国立天文台によると、1時間に3個ほどの流星を見ることができるという
  • 月のある方向を正面にするのは避けるべきで、最低15分は見上げていたほうがよいという

17〜18日の未明に『しし座流星群』がやってくる! 少しでも観測するには…?

毎年11月は『しし座流星群』が見られる時期です。

33年ごとに活発になるしし座流星群。2001年には日本で1時間に千個を超える流星が観測されました。

2020年も、2001年ほどまではいきませんが、しし座流星群を見ることができます。

■最低でも15分は観察しよう!

2020年は11月17〜18日の未明が、観測のチャンス!

国立天文台によると、1時間に3個ほどの流星を見ることができるといいます。

見る方向は気にする必要はないものの、月のある方向を正面にするのは避けるべきだそうです。

観測するなら、人工的な灯りが少ないところやできるだけ空が広く見渡せるところがベストポジション。

また、最低でも15分は空を見上げていたほうがよいでしょう。

日中は温かくても、夜は冷えるところもあります。防寒対策をしながら空眺めてみてはいかがですか。


[文・構成/grape編集部]


出典
国立天文台

関連記事(外部サイト)