「こんな缶詰、初めて!」 珍しい『中身』に島の人の想いが詰まっていた

世界中で流行している新型コロナウイルス感染症。感染リスクを下げるため、不要不急の外出を控えることが推奨されています。

しかし、旅行や外食を自粛する人が増えると、生産者や飲食店は売り上げが落ち苦しい状態に。

2020年4月に緊急事態宣言が発令されてから、長崎県・五島列島の生産者たちも販路を失って悩んでいました。

五島列島の海

そんな時、よく話題に上るデリバリーやテイクアウトとは『別の方法』と出会い、新たな販路を切り開くことに成功しています。

■相談を受けに、社長が島まで足を運んだら?

五島列島の生産者たちからのSOSを受けたのは、日本産加工食品のプラットフォーム事業を行っている『エイチアンドダブリュー株式会社(以下、H&W社)』。

日本の第一次産業や食品製造業などを応援し、相談者と一緒に缶詰を共創開発している会社です。

数日でさばかないといけないデリバリーやテイクアウトと違って、常温で長期保存ができ、遠方への輸送も容易な缶詰は、まさにコロナ禍の救世主といえるでしょう。

H&W社のCEOである橋爪敦哉さんは、島の名産を商品化するにあたって、何度も島を訪れたといいます。

直接相談を聞いていると、島の人の口からは、予想外なこんな言葉が飛び出しました。

「魚がこんなに獲れて困っている」

生産者の場合、おいしい食品を作れる一方、商品企画が苦手だったり、マーケティングノウハウがなかったり、販路がなかったりと、構造的な三大課題が重くのしかかっています。

インターネット上には、簡単に使えるプラットフォームがたくさん登場していますが、うまく活用できていません。

一番求められているのは『商品開発の際のマーケティングノウハウ』だと思うので、消費者の幸せや喜ぶシーンをイメージしながら、『価値共創』という当社のミッションを今後も追求していきたいと思っています。

生産者によって要望はそれぞれ。個性的な缶詰の一つひとつに、どんな物語や想いが込められているのか知りたくなりますね。

H&W社のオンラインショップでは、ほかにもさまざまな缶詰が販売されていますよ。

※『画像を見る』をクリック後、左右の矢印を押してほかの写真もご覧ください。

缶詰を購入すれば、生産者を応援することにつながります。商品が気になった人は、オンラインショップをのぞいてみてください。

缶詰として珍しい材料が使われていたり、パッケージデザインがきれいだったりするので、プレゼントにもオススメです!

また、長期保存が可能なので、災害などいざという時にあると便利ですよ。

自然派缶詰カンナチュール オンラインショップ

■生産者や飲食店向け情報:ポップアップショップの委託販売受付中!

H&W社は、2021年3月15日〜4月9日まで、社会や地球環境などを持続可能にする『サスティナブルな暮らし』を提案するポップアップショップを有楽町のマルイにて開催。

食料品だけでなく、民藝品や伝統工芸品などの生活雑貨も委託販売する予定です。

【参加に際してのお願い】

・商品を説明できる情報や画像・動画、お持ちの販促物などをご提供ください。ブランドサイトやSNSでの発信、売り場づくりに使用します。

・リーフレットや動画、POPなど販促品のデザイン制作も支援可能です。

・10坪程度の催事スペースにて実施のため、販売応援は大歓迎です。

・イベント期間だけではなく、イベント終了後も情報発信や商品開発、販売代行など継続的な展開が可能です。

出店希望の申し込みや問い合わせは、下記のページから受付中。『お問い合せ種別』を『イベントのご参加』にして送ってください。

ポップアップ参加希望


[文・構成/grape編集部]

関連記事(外部サイト)