幼い頃に両親が離婚した女性 十数年後、20歳の誕生日を迎え…?

西山ともこ(nishiyama_tomoko07)さんが、フォロワーから届いた実体験をもとに描いた漫画をご紹介します。

今回登場するのは、小学2年生の頃に両親が離婚した女性です。

雨の日の朝、女性は母親から、「お母さんとお父さん、別々に暮らそうと思っているの」と告げられました。

■『元気出た』

十数年もの間、親子2人で過ごした日々。

女性は自身の20歳の誕生日に、祝ってもらうのではなく、母親へ感謝の気持ちを伝えたのです。

女手1つで育ててきた母親にとって、心から幸せだと断言する女性の姿は、とても誇らしく、言葉ではいい表せないほどに幸せなことだったでしょう。

作品には、感動の声が寄せられました。

・女性が「幸せだった」といえるのは、母親が忙しいながらも大切に愛情を注いで育てた証拠ですね。

・母子家庭で育ちましたが、20歳の時に母親に花束なんて考えもしなかったなあ。涙腺が崩壊した。

・私もシングルマザーですが、毎日とても楽しいです。いつか息子にこんな風にいってもらえたら…とても幸せですね。

20歳という節目を迎えた女性。これからは大人の女性同士として、母親と素敵な思い出を刻んでいくことでしょう。

西山さんの作品を「もっと読みたい」という人は、こちらもチェックしてみてください!

ブログ:『ミラクルファミリー』

Twitter:西山ともこ(@ntomoko07)

Instagram:西山ともこ(nishiyama_tomoko07)

また、西山さんの作品が収録された単行本『ママにしてくれてありがとう』も好評発売中です。心を癒されたい人は、手に取ってみてはいかがですか。


[文・構成/grape編集部]


出典
nishiyama_tomoko07

関連記事(外部サイト)