地震を受けた、JRの迅速な対応に称賛の嵐! 「かっこよすぎる」「本当にありがとう」

【震度6強】東北新幹線など運転見合わせでJRバス東北が臨時便発表 ネットで称賛の声

記事まとめ

  • 2月13日の夜に、宮城県と福島県で最大震度6強を観測する地震が発生した
  • JR東日本は東北新幹線の那須塩原−盛岡間と、秋田新幹線の全区間で終日運転を見合わせ
  • JRバス東北株式会社は臨時便の運行を発表し、ネットからは称賛の声が相次いでいる

地震を受けた、JRの迅速な対応に称賛の嵐! 「かっこよすぎる」「本当にありがとう」

地震を受けた、JRの迅速な対応に称賛の嵐! 「かっこよすぎる」「本当にありがとう」

※写真はイメージ

2021年2月13日の夜、宮城県福島県で最大震度6強を観測する地震が起こりました。

幸い津波は発生しなかったものの、地震によって東日本を中心に各地で大規模な停電が発生。また、負傷者も報告されています。

あの東日本大震災からもうじき10年の節目を迎えるタイミングでの地震に、不安を感じる人が続出しているようです。

■JRバス東北の迅速な対応に称賛の声

地震による被害はそれだけではありません。設備の損傷により、JR東日本は東北新幹線の那須塩原−盛岡間と、秋田新幹線の全区間を対象に、同月15日まで終日運転を見合わせることを発表しました。

新幹線の運休を受け、JR東日本グループのJRバス東北株式会社(以下、JRバス東北)は、地震が起こった翌朝、一部の高速バスでの続行便や臨時便の運行を発表。

運休によって足止めされた人のため、福島・仙台発の首都圏行きバスを立て続けに設定したのです。

関連会社とはいえ、深夜であるにもかかわらず迅速に臨時便を設定し、運転士を確保したJRバス東北の対応に、ネットからは称賛の声が相次いでいます。

・素晴らしい対応!日曜日に突然働くことになった運転士のみなさんも、ありがとうございます。

・JRバス東北バスは東日本大震災の時もたくさん貢献してくれた。今回も臨機応変に対応してくれてありがたい。

・コロナ禍で車両に余裕があったという背景もあるだろうけど、本当にかっこいい。

JRバス東北によると、電話での問い合わせが多く、つながりにくくなっているとのこと。

乗車券は予約サイト『発車オーライネット』や『高速バスネット』から購入することができます。無予約の運行便の乗車券は、仙台駅東口で受け付けています。


[文・構成/grape編集部]

関連記事(外部サイト)