福井「恐?ラボ(研究室)ルーム」に泊まって研究者になりきる!?天然温泉の露天風呂から眺める夕陽もオススメ

福井県勝山市にあるホテルハーヴェストスキージャム勝山では、恐?の研究室をコンセプトとした客室「恐?ラボ(研究室)ルーム」の宿泊を2021年12月11日(土)より開始しています。

ホテルハーヴェストスキージャム勝山では、露天風呂や大浴場内湯で天然温泉も楽しめますよ!

写真:体験する恐?ルーム「恐?ラボ(研究室)ルーム」

■「体験する」恐竜ルームへ

ホテルハーヴェストスキージャム勝山では、「遊ぶ」恐?ルームから「体験する」恐竜ルームへ、を実現するためにいくつもの特徴を備えた部屋が用意されています。

写真:客室入口には化石発掘道具が!?

まず、客室の入口には化石発掘の道具があしらわれ、ドアを開く前から恐竜研究の予感がします。

写真:客室入口にはネームプレートも

入口のドアには、主任研究員!?の名前がネームプレートが貼られていて、さながら専用の研究室の雰囲気。

写真:福井県で発掘された恐?型のカットアウト

部屋に入ると、壁には福井県で発掘された恐竜全5体のカットアウトが! 壁紙は発掘された地層をイメージしたものです。

ちなみに、その5体の恐竜は、フクイラプトル・キタダニエンシス(骨格全?約 4.2m)、コシサウルス・カツヤマ(骨格全?約 3m)、フクイベナートル・パラドクサス(骨格全?約 2.5m)、フクイサウルス・テトリエンシス(骨格全?約 4.7m)、フクイティタン・ニッポネンシス(骨格全?約 10m)、だそうです。

写真:デスクには骨格標本や恐?博物館発?の書籍を設置

デスクには、骨格標本や恐?博物館発?の書籍が設置されていますし、研究者になりきるための部屋着の貸し出しもあるそうです。

写真:部屋着のレンタルで研究者になりきる

ホテルハーヴェストスキージャム勝山は福井県立恐竜博物館まで車で10分と至近の立地、「恐?ラボ(研究室)ルーム」に宿泊して恐竜の博物館を訪れる恐竜づくしの旅はいかがでしょう?

写真:露天風呂

■日帰り入浴で天然温泉も楽しめる

このホテルハーヴェストスキージャム勝山では天然温泉(法恩寺温泉 ささゆり)も楽しめます!

泉質は含硫黄-ナトリウム-塩化物炭酸水素塩泉(中性等張性温泉)、露天風呂や大浴場で浸かることができます。

他にも、寝湯、立湯、サウナ、ジャグジーなど、旅の疲れを癒すのにもってこいですね。

写真:大浴場内湯

宿泊客が天然温泉を楽しめるのはもちろん、平日は12:00〜18:00(最終受付19:00迄)、土日祝は12:00〜16:00(受付17:00迄)の時間帯で、日帰り入浴も可能だそうです。毎週水曜日は設備点検の為15:00〜と、注意が必要です。料金は、大人(中学生以上)850円、小人(4歳〜12歳小学生迄)550円。

■天然温泉の露天風呂から眺める夕陽もオススメ

今回の取材でホテルの方に伺ったところ、露天風呂は温泉を楽しむだけでなく、晴れた日の夕陽を眺めながら浸かるのが宿泊客に好評とのこと。

爽やかな風と、美しい夕陽を楽しみながら浸かる温泉は格別でしょうね。

写真:露天風呂から眺める夕陽が人気

(取材・文:Vermiliおん、編集:hotspring727)

関連記事(外部サイト)