山梨・富士河口湖温泉「TOCORO. BAR&DINING」河口湖駅前におしゃれなダイニングバーがオープン

山梨県の富士急行線河口湖駅前に、2022年1月中旬、ダイニングバー「TOCORO. BAR&DINING」がオープンする予定です。ジビエやほうとうなど地元の食材をふんだんに使った料理が楽しめます。

このダイニングバーの2Fには、ホステル「TOCORO. Mt.Fuji Station HOSTEL Kawaguchiko」が、12月に既にオープンしているようですよ。

写真:TOCORO. BAR&DINING店内

■地元食材を使った料理を提供予定

ダイニングバー「TOCORO. BAR&DINING」では、地元で取れたジビエをはじめ、山梨名物のほうとうなど、地元の食材をふんだんに使った料理を提供する予定だそうです。

河口湖駅からは、なんと徒歩1分という好アクセス! 営業時間は、11:00〜22:00の予定です。

なお、このダイニングバーは2階部分のホステルの宿泊者に対する朝食、昼食、夕食の提供も行うとのこと。もちろん、ダイニングバーについては宿泊者以外の利用も可能です。

写真:TOCORO. BAR&DININGで提供する料理

■河口湖観光の拠点にピッタリなホステル

12月に既にオープンしているホステル「TOCORO. Mt.Fuji Station HOSTEL Kawaguchiko」は、民宿だった2階部分を全面的にリフォームしたもの。河口湖観光の拠点として利用するのにピッタリですね。

TOCORO.を運営する株式会社Go onは現在、河口湖周辺で64棟の一棟貸しバケーションレンタルおよび、カフェ、グランピング場を運営しています。

写真:株式会社Go onが運営するバケーションレンタル

このホステルは、現在運営している1棟貸しバケーションレンタルのチェックインカウンターの機能も担うそうで、バケーションレンタル利用者の利便性を高める狙いもあるそうです。

写真:河口湖と富士山

■いくつもの泉質を楽しめる富士河口湖周辺の温泉

河口湖周辺には、浅川エリア、河口エリア、船津エリアなど源泉を異にする温泉街がいくつもあります。船津エリアの源泉「秀麗の湯」は中性の泉質、浅川エリアの源泉「霊水の湯」は弱アリカリ性の泉質で、他の源泉はアルカリ性の泉質です。

河口エリアには「秀峰閣 湖月」や「ふふ 河口湖」があり、浅川エリアでは「ホテル美富士園」などで立ち寄り湯も楽しめます。富士急行線河口湖駅がある船津エリアでは富士急ハイランドに隣接する「ふじやま温泉」の立ち寄り湯も人気です。

写真:道の駅なるさわ

河口湖から少し足を伸ばすなら、道の駅なるさわに隣接する「富士眺望の湯ゆらり」や西湖北岸にある「富士西湖温泉 いずみの湯」で立ち寄り湯が楽しめます。

車で河口湖を訪れるなら、1日でいくつもの温浴施設を巡って泉質を比べることもできそうですね!

(文・まとめ:Vermiliおん、編集:hotspring727)

関連記事(外部サイト)