福島・飯坂温泉「こおり桃源郷」ピーチラインの可憐な桃の花は4月中旬に満開!ピンク色の絨毯のような広大な桃畑!!

桜より濃いピンクの桃の花。一面に広がる桃の花の絶景は全国でも見られる場所が限定されます。そんな美しい桃畑の1つが福島県桑折町(こおりまち)にある「こおり桃源郷」。「こおり桃源郷」の桃畑では、桃の花が4月中旬に見頃を迎え、桃のお花見を楽しめます。

福島の名産といえば、桃。平成6年から継続して皇室へ桃を献上している桑折町は「献上桃の郷」としても有名です。少し足を伸ばせば、飯坂温泉で温泉も楽しめますよ。

写真:福島「こおり桃源郷」

■こおり桃源郷

阿武隈川の川沿いに広がるこおり桃源郷・桃畑の広さは約120ha、なんと東京ドーム25個分にもなるんだそうです。

桑折町内を流れる阿武隈川沿いの桃畑では例年4月上中旬ころ、桃の花の見頃を迎えます。

写真:福島「こおり桃源郷」

広大な敷地に一斉に咲き誇る桃の花は濃いピンク色で、満開になると一面がピンクの絨毯を敷き詰めたよう。まさに桃源郷と呼ぶにふさわしい幻想的な風景が目の前に広がります。

平成8年には皇太子ご夫妻も訪れ、桃畑を散策。また、天皇・皇后両陛下も平成27年に樹園地をご訪問されたそうです。こおり桃源郷は周辺道路がピーチラインと呼ばれていて、道の両脇に桃畑が広がり、桃の花に包まれます。

写真:福島「こおり桃源郷」

また、阿武隈川沿いの土手が展望台になっていて、目の前の桃畑と遠方に半田山を望む絶好のフォトスポットにもなっているので、Instagramerには見逃せませんね!

周辺には、遅咲きの桜で福島県内でも有数の桜の名所となっている半田山自然公園や、国の重要文化財に指定されている擬洋風建築の旧伊達郡役所など観光スポットもあります。

写真:福島「こおり桃源郷」半田山自然公園

また、半田山の麓には、美肌の湯として知られる宿泊研修施設「うぶかの郷」があり、お風呂や食事も楽しめます。

さらに、少し足を伸ばせば奥州三名湯にも数えられる飯坂温泉もあります。桃畑でお花見&観光の後は、好きな温泉で汗を流すというのも良いかもしれません。

写真:福島「こおり桃源郷」

■大人気の「至福シリーズ(3種)」が発売中

さて、この美しい桃の花たちは、夏には国内最高品質の桃としてたわわに実ります。この美味しい桃を1年中楽しめるように開発されたのが「至福の桃シリーズ」。一つ目が「至福の桃ソルベ」です。

写真:至福の桃ソルベ

ソルベの原料となる果汁は、桑折産の桃で献上桃同品種の「あかつき」の果汁。果汁75%の高果汁、香料ゼロで仕上げられたソルベは口に入れると果実本来の香りがふわっと広がる上品な味わいです。発売以来、大人気商品となっているそうです。

二つ目は「至福の桃グミ」。大手菓子メーカーUHA味覚糖と共同開発された町産の桃「あかつき」の果汁入りグミで、袋を開けた瞬間からなんとも良い桃の香りが広がり、通常よりも融点が低いコラーゲンを使用しているので、優しく溶けるような口どけ。

写真:至福の桃グミ

そして三つ目は「至福の桃 飲むこんにゃくゼリー」。同じく桑折町産の桃「あかつき」の果汁を使用し、食物繊維、コラーゲン、ヒアルロン酸も配合された、プルプル食感のゼリーです。

美味しい上にコラーゲンとは女性にも嬉しいですよね!

写真:至福の桃 飲むこんにゃくゼリー

「至福の桃シリーズ」は、町内のコンビニやうぶかの郷、Legare Kooriなどで購入できる他、オンラインショップでも購入できます。

また、桃源郷の近くには「食」と「農」の交流拠点「Legare Koori」があり、施設内レストラン「PizzaSta by Al che cciano」では、四季折々の地元食材を使用したメニューが食べられます。

特にオススメなのが本格的な石窯で焼き上げた季節のフルーツピッツァだそう。ピザづくり体験も可能なので気になる方はチェックして下さいね。

写真:美しいピンク色の桃の花

(まとめ・文:ゆきさね/mashiro 編集:Vermiliおん)

関連記事(外部サイト)