熊本・阿蘇「小萩山草原テラス」南小国町の雄大な自然に包まれる絶景スポット!キャンプやサイクリングも

南小国町では阿蘇の絶景を見渡すスポットに「小萩山草原テラス」が設置されました。キャンプ用品のレンタルサービスや気軽に里山の風景を満喫できるレンタサイクルも開始されています。周辺には黒川温泉など人気の温泉地も。今年の春からキャンプを楽しみたい人にもおすすめのスポットをご紹介します!

写真:開放感たっぷりな草原の絶景を独り占めできる草原テラス

■阿蘇五岳を望む絶景を楽しめるテラスが誕生!

阿蘇外輪山のふもとに位置する南小国町は、黒川温泉などの温泉や瀬の本高原など、人気の観光地を有する町。80%以上が原野と山林という自然豊かなエリアに昔ながらの里山の風景が広がっています。

そんな南小国町に誕生したのが、ウッドデッキの「小萩山草原テラス」です。

写真:テラスに座ってのんびりリフレッシュ

場所は田の原温泉近くの小萩山稲成神社からすこし左に進んだところ。小萩山稲成神社周辺は開放感たっぷりのパノラマ絶景スポットとして知られているんですよ。

テラスから阿蘇五岳や南小国町の原野を一望!広々とした草原に放牧されている赤牛がのんびり草を食んでいる、のどかですがすがしい光景に癒されます。

写真:恋愛成就の神様がいるパワースポットでもある

ちなみに小萩山稲成神社は恋愛成就のご利益があると言われています。お参りすると行方不明になった牛や馬を必ず見つけられたという言い伝えがあることから、恋人探しにご利益がある全国で唯一の稲荷神社だそうです。

広々とした草原でリフレッシュできる素敵なパワースポット。多くの女性やカップルが参拝しているそうです。

■手ぶらでキャンプを楽しめるサービスが登場

写真:アウトドア初心者も安心のキャンプセットをレンタルできる

南小国町内には6カ所のキャンプ場があります。

敷地内に天然温泉「山鳥の湯」が湧き出る森の中のキャンプ場「山鳥の森オートキャンプ場」、標高900mの高原の風が感じられる「瀬の本高原オートキャンプ場」は黒川温泉まで徒歩約10分。

また、黒川温泉、小田温泉、田の原温泉などの温泉地には日帰りで利用できる立ち寄り湯も多数あり、大自然に囲まれた秘湯の雰囲気の中でさまざまな泉質の温泉を楽しめるのが魅力。キャンプと温泉を満喫できるのはぜいたくですよね。

とはいえ、いちからキャンプ用品を自分で用意するのは少しハードルが高いですよね。

そこで自然と温泉を堪能するキャンプを初心者でも気軽に手ぶらで楽しめるように、キャンプ用品のレンタルがスタートしました。

テントやタープ、椅子、テーブル、焚火台、ランタン、モバイル充電などキャンプに必要なものがセットになった便利なレンタルサービスで、気軽にアウトドアを満喫できますよ。

キャンプ用品セットは南小国町観光協会でレンタルできます。料金は24時間で10,000円。一つのテントで4人まで宿泊可能です。キャンプ用品のみのサービスのため、キャンプ場を予約した上でレンタルしてくださいね。

春はまだ朝晩冷え込むこともあるので、キャンプの際は防寒具を持参するようにしましょう。

■レンタサイクルでのどかな里山をめぐろう

写真:サイクリングしながらお気に入りの場所を見つけよう

さらに、電気自転車で里山を巡れるレンタサイクルのサービスも開始されました。

起伏の多い里山ですが、電気自転車なら体力のない人でもラクラク観光を楽しめますよね。2時間で2,000円(ヘルメット、傷害保険料含む)、9:00から14:00までの間に南小国町観光協会で受付しています。

レンタルするのは国道212号線沿いにある総合物産館「きよらカァサ」。こちらに食材や薪も販売されているため、キャンプでBBQをする前にも立ち寄ると便利ですよ。

レンタサイクルでのんびり走れば、車での観光とは違った里山の魅力を発見できそうです。

そして瀬の本高原リゾートでは子供から大人まで楽しめる電動ゴーカートがあり、アクティブに楽しみたい人にはおすすめ。専用のコースで遊ぶタンダードプラン(1000円・約15分)と、ガイドが先導するプレミアムプラン(1500円・約20分)から選べます。

写真:アクティブ派のあなたにはゴーカートがおすすめ!

阿蘇の雄大な自然を感じながら走れば気分爽快!日頃の忙しさやストレスも吹き飛ばしてみてくださいね。

(まとめ・文:mashiro、編集:hotspring727)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?