兵庫・有馬温泉「天空のサウナ ARIMA SHIKI-KOYOMI」太閤の湯屋上にテントサウナが誕生!

有馬温泉の「太閤の湯」では、創業60周年を記念し、テントサウナ「天空のサウナ ARIMA SHIKI-KOYOMI」を4月29日にオープンしました。ストーブで熱したストーンにアロマ水をかけて蒸気で温まるロウリュサウナを、有馬の自然の景観を望む開放感あふれるルーフトップで楽しめます。サウナの利用で金泉・銀泉などの太閤の湯の充実した温泉施設を利用できる特典もあります。

写真:屋上に設置されたテントサウナ。有馬の山々の眺望を望む

■有馬温泉に新しいサウナスポットがオープン

全国的に『サ活』がブームとなっていますが、草津温泉、下呂温泉と並んで日本三名泉の一つである有馬温泉にもサウナの新スポットが誕生しました!

「太閤の湯」は、有馬の金泉、銀泉の天然温泉露天風呂や高濃度炭酸泉、岩盤浴など、有馬唯一の温泉テーマパークと言われるほど設備が充実した日帰り温泉施設。

今回オープンした「天空のサウナ ARIMA SHIKI-KOYOMI」は、そんな「太閤の湯」の屋上に設置されました。

テントサウナは関西では珍しい形態のようです。テント内にストーブにで熱したサウナストーンが置いてあり、アロマ水をかけることで蒸気を発生させるフィンランド式のサウナ。じわじわと心地よく温まれそうですね!

テントは予約制で1回2時間、1グループ貸切での利用。3人用・6人用の2種類のテントが4つ設置されています。1人で利用することもできますよ。タオル・バスタオル付きで利用には水着の着用が必要。チケットは公式サイトから購入できます。

写真:日本屈指の名湯とサウナが同時に体験できる!

「天空のサウナ ARIMA SHIKI-KOYOMI」の魅力はやはり何と言っても開放感たっぷりな屋上からの景観。春には桜、そして秋の紅葉と有馬の自然を満喫できるスポットにあるサウナで、ととのう贅沢を味わえます。テントには窓もついているのでロウリュサウナとともにすばらしい景色にも癒されそうですね。

テントサウナの温度は90~110度。天候によっては60~80度になることもあるとのこと。テントの外には簡易シャワーの他、ドリンクの販売、インフィニティチェアと水が用意された休憩スペースもあり、景色を眺めながら整う時間を過ごせそうです。

太閤の湯では、昨年の秋にテントサウナの体験イベントを行ったところ、2日間でほぼ満員に近い人が集まるほどの人気ぶりで、常設化を望む声も多かったそうです。

実際にイベントに参加した人からは、スタッフのホスピタリティや有馬の夜景を見ながら整うスペースを絶賛する声も。そのような声を受けて屋上に常設されたテントサウナ。関西のサウナ―は待ち望んでいたかもしれませんね。

■「太閤の湯」の温泉も楽しめる贅沢なサウナプラン

写真:「太閤の湯」金泉

そしてサウナ利用者は「太閤の湯」の温泉を利用できる点も贅沢ですね!

「太閤の湯」は6つの露天風呂、岩風呂や五右衛門風呂、炭酸泉などさまざまなお風呂を楽しめる日帰り温泉施設。大浴場では金泉・銀泉はもちろん、その両方をミックスした混合泉もあります。やはり有馬温泉ならではの金泉・銀泉の両方を楽しめるのが魅力ですよね。

そして太閤の湯の施設内にもサウナが設置されています。実はこのサウナは日本初の熱波対流イノベーションサウナというもの。室内温度を維持しながら、強制換気によってクリーンな空気を確保しているそうです。

写真:イノベーションサウナはクリーンな空気で安心!

高温を維持しながら換気ができるとは画期的!密になりがちなサウナをコロナ禍でも安心して利用できるのはうれしいですよね。口コミでも十分にコロナ対策が講じられているため安心という声もありました。高温で湿度が高い点もサウナ―に好評のようです。

新緑の美しい季節、有馬温泉の金泉・銀泉や自然、そしてサウナに癒される新しいスポットでととのってみてはいかがでしょうか。

(まとめ・文:mashiro、編集:hotspring727)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?