群馬・みなかみ18湯 谷川岳天神平ロープウェイが週末のみ夜間運行。標高1300mから秋の星空を眺める空中散歩を楽しもう

群馬県谷川岳の谷川岳天神平ロープウェイでは、「みなかみ天空のナイトクルージング」と称して、9〜11月の主に土曜日と日曜日と祝日の夜間にロープウェイが特別運行します。今年は、2020年9月12日から11月14日まで開催予定。

天空のナイトクルージング無料送迎付きの宿泊プランが人気のみなかみ18湯で提携宿泊施設に泊まり、秋の澄んだ星空と温泉を満喫するのはいかがでしょう?

写真:谷川岳天神平ロープウェイ

今年は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、限定300名の完全予約制となり、9月1日からオンライン予約が始まっています。

9月9日(水)に発生した豪雨の影響により、9月12日(土)・13(日)については、開催中止となりました。19日以降の開催についてはホームページを確認してください。

■ユネスコパークの星空とアートの共演

谷川岳天神平の昼とは違った景色を楽しめることで人気の「みなかみ天空のナイトクルージング」。

2020秋は、昨年に引き続き空間照明アーティストの長谷川章氏が手がけるデジタル掛け軸(D-K)が彩る空間で特別な星空を体験することができます。

写真:満天の星空とアートの共演にうっとり

今年はミラーボールを使って光と反射の空間作品を創りだすアート集団「MIRRORBOWLER(ミラーボーラー)」とのコラボレーションも決定しているので、より幻想的な空間を楽しめそうです。

写真:宇宙観や神秘性を求めたアートが幻想的な空間を作りだす

ロープウェイで標高1300mの谷川岳天神平へ空中散歩。そこはふだん見たこともないような、漆黒の闇が広がっています。そして見上げると、満天の星空が!

高地ならではのたくさんの星たちを観測することができます。

この特別運行中は、ナイトウォークや星空ガイドなどの体験プログラムを開催予定で、「ビューテラス天神」では、コーヒーやココアなどの温かい飲み物も販売しています。

会場では、地ビールやパン・スイーツなどの販売も予定されていますが、食事を済ませてのんびり星空鑑賞、または鑑賞後にみなかみ温泉街などで地元の味をいただくのもオススメです。

■今年は「星空フォトコンテスト」も開催

今年は「星空フォトコンテスト」も開催されるので、天空のナイトクルージングを楽しみながら星空写真の撮影もお忘れなく。

イベント期間内に撮影した写真を11月16日までにメールで応募すると、あなたの作品が観光ポスターやパンフレットに使用されるかもしれません!

特別賞には宿泊券などの商品も用意されているそうなので、思い出の1枚を撮影したら、コンテストに応募してみるといいですね。

■秋の天体観測、何が見られる?

写真:秋の澄んだ夜空は星空鑑賞にぴったり。冷え込むので冬仕様でお出かけを

この季節の星空についてご案内しましょう。

9月下旬になるとカシオペア座や秋の大四角形と呼ばれる星座が見られるようになります。星空も秋模様ですね。また中秋の名月と呼ばれるように、この前後は月が非常に美しい季節でもあります。

満月の時にはアニメ「宇宙兄弟」にも登場した有人の「国際宇宙ステーション」(ISS)も運がよければ見られるそうですよ。

都会の空では見られないような明るい星空や流れ星を眺めながら宇宙に想いを馳せてみたいですね。

■みなかみ18湯では天空のナイトクルージング無料送迎付きの宿泊プランが人気!

写真:水上温泉郷

谷川岳のふもとは多くの旅館が立ち並ぶ温泉地でもあります。みなかみ18湯とは、水上温泉郷9湯、猿ヶ京三国温泉郷5湯、月夜野・上牧温泉郷4湯の計18湯の総称です。

天空のナイトクルージング提携宿泊施設では、谷川岳のロープウェイまでの無料送迎や、簡易シートの貸出などがついた宿泊プランも用意されています。

提携宿泊施設に宿泊すると、割引価格でチケットを購入できたり、駐車料金が無料になるので、宿泊予約の際に宿に確認するといいですよ。

無色透明な、なめらかなお湯が特徴の群馬県みなかみ18湯。与謝野晶子や太宰治など、多くの文学者からも愛された歴史ある温泉地であり、美しい渓流沿いの名勝地でもあります。

ナイトクルージングのあとは温泉でゆったりくつろぐのもいいですね。

(まとめ・文:mashiro 情報更新:2020年9月 hotsspring727、編集:Vermiliおん)

関連記事(外部サイト)

×