【中国地方5県】YAMAPアプリを使って巡るサイクルスタンプラリー開催 2020年夏〜冬まで!

登山アプリで有名なYAMAPのアプリと自転車を使って巡る、快適&お得なスタンプラリーが2020年8月1日から12月31日まで開催されています!中国地方の5県(鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県)計25カ所のチェックポイントを訪れると、訪問件数に応じて金銀銅の特製メダル(有料)が入手できます。

写真:海あり・山あり・小京都あり。自転車ならではの旅が楽しめる

■中国地方を巡る3つのサイクリングコース

中国地方は瀬戸内海と日本海、ふたつの海に挟まれ、伯耆大山や鳥取砂丘、出雲大社など独自の自然と文化が広がっています。この中国地方を結ぶ3つのサイクリングコースが設定されています。

東から、鳥取から岡山を結ぶ「日本海・瀬戸内ルート(距離174km)」、島根から広島を結ぶ「やまなみ・しまなみルート(距離265km)」、そして島根から山口を結ぶ「日本海沿岸ルート(距離133km)」です。

写真:中国地方5県にまたがるルート上にあるチェックポイントを回ろう

もちろん、すべてのルートを走破する必要はなく、まわる順番もとくに指定はありません。期間中であれば何度でも挑戦できるので、ぜひ輝くメダルを目指してみてはいかがでしょうか。

写真:通過認定されたスポットの数に応じて金銀銅のメダルが入手可能(有料)

■気になるスポットが目白押し

チェックポイントとなっている協力施設をいくつかご紹介します!

「ネコ寺」雲林寺

まずはこちら、「ネコ寺」とも呼ばれ、猫好きの聖地として全国的に有名な雲林寺です。

YAMAPアプリのクーポンの提示で雲林寺オリジナル缶バッジがもらえます。

写真:にゃんとも癒される〜

うどん自販機「後藤商店」

次は、島根県のうどん自販機 後藤商店。

ドリンクの自販機の隣には、なんと、うどんの自販機が。

自販機から出てくるうどんは、裏手にある厨房で手作りしているそうです。ラーメンやおにぎりもあり、サイクリングで小腹がすいたときにぴったりですね。

写真:嬉しい1杯!


写真:記念撮影も忘れずに

ほかにも気になるスポットがたくさんある

空港や道の駅など、自転車旅の拠点となるような場所もチェックポイントになっていて、お得なクーポンもあるので見逃さないように。

写真:山口県長門市仙崎の海辺にある「道の駅 センザキッチン」の中にある観光案内所にはレンタサイクルもある

写真:天然ラドン温泉の入浴施設も併設の道の駅 津和野 なごみの里

写真:島根県にある宮ヶ島衣毘神社は、知る人ぞ知る絶景スポット

写真:広島県・生口島に来たらぜひ立ち寄りたいしまなみドルチェ本店

■YAMAPならではの快適スタンプラリー

GPS地図アプリ「YAMAP」と専用地図を各自のスマートフォンで事前ダウンロードすると、電波が届かない場所でも自分の居場所を確認しながらサイクリングを楽しむことができます。

もともと登山アプリの「YAMAP」が提供する初めてのサイクリング用サービスということですが、GPS地図機能はサイクリングにも必須ですから、とても助かりますね。

旅の記録を残したり、仲間と共有する機能もあります。

写真:YAMAPアプリを起動してスタンプラリーに参加しよう

しかも、スタンプラリー用の機能として「近接通知」と「通過判定」を実装。

チェックポイントへの接近・通過判定で、スタンプを押す/押してもらうなどの手間を省くことができます。これは密集や接触を避けるという点でも価値のある機能です。

写真:広島県・因島にある大山神社は日本唯一とされる自転車神社

個人的に感じた魅力は、チェックポイントに便利スポットだけでなく少しマニアックな面白スポットも組み込まれていることです。自転車旅ならではの、ちょっと人里離れた自分だけの景色を見に行くのもおすすめです。

写真:鳥取県のお城山展望台(河原城)


写真:天守閣からはパノラマが広がる

(まとめ・文:前田ゆかり、編集:Vermiiおん)

GoogleMap:https://tamaki.yamap.com/mountain_range/2394/を参照

関連記事(外部サイト)