北海道「運河の宿 小樽 ふる川」一日各3組限定!30周年記念の3種のお得なプランで小樽旅行を満喫!

前身の「カナルJ・Bイン」から始まった「運河の宿 小樽 ふる川」は、今年で開業30周年を迎えます。自慢の天然温泉の大浴場「湯くら」は昔ながらの蔵を再現。小樽軟石を使用し、まるで小樽の倉庫群の「蔵」の中にいるような雰囲気です。

9月末まで、一日各プラン3組限定のお得なプランで小樽旅を満喫しましょう。

写真:「ふる川」を象徴するランプ

■ノスタルジックな雰囲気で人気の小樽

歴史情緒あふれる小樽。貿易も盛んで、明治時代からにぎやかな街でした。

「運河の宿 小樽 ふる川」は、当時栄えた商家を再現した和モダンな作りの建物で、客室全38室と小さなホテルです。

小樽運河に面し、古き良き時代のノスタルジーを彷彿とさせ、どこか懐かしいハイカラなムードが漂います。

写真:小樽の景色が望める客室

■開業30周年のお得なプラン

「運河の宿 小樽 ふる川」は、今年で開業30周年を迎えました。これを記念して9月末まで、特典いろいろ、HPのみで販売している一日各プラン3組限定のプランがあります。

それぞれのプランを見ていきましょう。

@ジャスト1万円プラン!

「3大特典付き!リーズナブルに小樽カップル旅プラン!」と題して、1泊朝食付の通常一人12,000円→10,000円(土曜宿泊の場合は一人+2,000円)とお得に。カップルにオススメのリーズナブルに小樽旅を楽しめるプランです。

セミダブルベッド1台のコンパクトな部屋ですが、特典で展望貸切風呂サービスなので、ゆっくりと小樽散策や湯浴みなどのんびりとした時間を楽しめます。

朝食にはとてもこだわっています。焼き立てクロワッサンや土釜で炊き上げる炊き立てご飯、地元野菜の漬物や新鮮な山中牧場牛乳など、「手作り」と「地場」にこだわる全40品のバイキングです。

(現在は、コロナウイルス感染症予防・拡散防止のため、通常のご朝食「和洋バイキング」を休み、小鉢や小皿に盛り付けた好みの料理を自身で器ごと取ってもらう新しいスタイルの「和食のバイキング」となっております)

リーズナブルなプランだけに、充実した朝食バイキングが期待できるのは嬉しいですね。

写真:運河を見ながらの朝食もオススメ!

特典は、@貸切風呂50分のサービスに加え、A北海道「塩&ガラナ」ハイボール各1本が付き、B看板犬カナル君のポストカードのプレゼント、の3つです。

Aジャスト2万円プラン!

「4大特典付き!プレミアムな贅沢運河ディナープラン!」と題して、1泊2食付の通常一人28,000円→20,000円(土曜宿泊の場合は一人+2,000円)に。

客室からはもちろん、夕食時の席も運河の見える席を確約。ワンランク上のプレミアムな贅沢運河ディナーが楽しめます。

客室は四季折々の景色とガス燈のライトアップが魅力の運河を見下ろす贅沢なツインルームで。

写真:シンプルなツインルーム

特典は、@夕食時に運河の見える席で、「季節の美味会席」が楽しめるほか、A夕食時にワンドリンクとプチプレゼントが付き、B「ルタオ」のショートケーキデザートが付きます。

さらにC駐車場無料サービスも付いています。

「小樽で運河を満喫してきた」と友人に話せば、ちょっとお洒落な旅の達人になった気分です。札幌から小樽に足を伸ばす1番の誘引は「運河」でしょうから、そこにフォーカスした1泊2日の旅は良いですね。

Bジャスト3万円プラン!

「5大特典付き!最上階特別室のゴージャス旅プラン!」と題して、1泊2食付の通常42,000円→30,000円(土曜宿泊の場合は一人+2,000円)に。

運河側の最上階檜風呂付き洋室タイプの特別室。幅120cmのシモンズ社製ベッドが2台配され、リビングスペースからは運河や小樽港が見渡せます。

また、お部屋の総檜造りの天然温泉の浴室からも運河が一望できます。

写真:客室の展望風呂からも小樽の景色が望めます

特典は、@檜風呂付き特別室のほか、A夕食時の「焼きタラバ蟹付き!料理長特選ディナー」とBハーフシャンパン付き、C名物「かりんとうまんじゅう」お土産付き、さらにD駐車場無料サービスも付いています。

これはもう、ラグジュアリーな小旅行ですね。うらやましい!

■自慢の天然温泉にゆっくり浸かる!

写真:内風呂の窓から見える景色にほっこり!

天然温泉の大浴場「湯くら」は昔ながらの蔵を再現しています。

1階の「壱の湯」の内風呂は小樽軟石を使用し、まるで小樽の倉庫群の「蔵」の中にいるような雰囲気が漂います。

幻ガラス窓から見える小さな庭には季節の移ろが広がり、露天風呂の壁一面に張られた瓦からゆっくり流れ出る温泉の音が、都会の喧騒と旅の疲れを忘れさせてくれます。

写真:静かな水の音を聞きながら、露天風呂でゆっくり湯浴みを!

木のぬくもりがあふれる「弐の湯」にはほこらがあり、その中は寝湯「洞の湯」になっており、ゆったりと湯に浸かれます。

また「壱の湯」と「弐の湯」の両方に、通常のサウナよりも低めの「季節の薬草の蒸湯」が備わっています(朝晩で男女入れ替え)。

貸切風呂ではプライベートな湯浴みを堪能できます。洗い場も広く、一度に4人ほどが入っても充分にゆとりある造りとなっています。

ただし、予約制なので、宿泊の予約時にお伝えください(1回50分/2,300円)。

写真:ステンドガラスからの灯りが心地よいお風呂

■充実した館内

玄関横にある足湯。到着後すぐに旅の疲れを癒すのもよし、足湯に浸かりながらのんびり倉庫群を眺めるのもよし。
(ただし、足湯は、コロナウイルス感染症拡大予防のため、当面の間は中止となっています)。

ランプの灯りとステンドグラスが美しいラウンジでは、英国製のタンノイのスピーカーから流れるクラシックに耳を傾けながら、1,000冊あまりのライブラリーの中からお好きな1冊を選んではどうでしょう。

また、6:00〜24:00にはサーバーによる無料のコーヒーや紅茶などのホットドリンクもあり、ゆったりと寛ぎのひとときが楽しめます。

写真:リラックスできるラウンジでフリータイムを満喫!

お得な30周年記念限定プランだけではなく、いろいろなプランが用意されていますので、ゆったりと街歩きを楽しむ小樽観光の拠点に利用してみてはいかがですか?

(まとめ・文:吉川、制作:Vermiliおん)

関連記事(外部サイト)

×