【長崎】「海軍洞窟たらいそうめん」洞窟で味わう素麺や魚薬味!夏でも20℃ひんやり涼しい天然クーラー

「海軍洞窟たらいそうめん」という食事処をご存知ですか? 佐世保市のホテルの敷地内にある洞窟の中で、涼しくいただく美味しいそうめんが人気です。夏だけの期間限定営業!珍しい薬味にも注目です。

食事の後には、ホテルで温泉を楽しむこともできますよ?

写真:洞窟探検ムードのそうめんに子どもも大喜び(エアコン代も節約になりますね)

長崎県佐世保市はアメリカ海軍の基地や海上自衛隊の基地がある軍港の町です。

一方、軍港を離れて外海へ向かうと、有人も無人も合わせて200を超える島々が群をなすリアス式海岸が独特の美しい風景をつくりだしていて、この九十九島湾は「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟しています。

■約20本ある洞窟のひとつで夏季限定オープン

その九十九島湾に通じる入り江そばに立地するホテル、九十九島シーサイドテラスホテル&スパ花みずきは敷地面積が約1万坪もあり、敷地内やその周辺に約20本もの洞窟があるんだとか。旧帝国軍が地下工場建設のために、太平洋戦争末期に掘ったものだそうです。

これらの洞窟の中の1本を利用して夏の間だけ、海軍洞窟たらいそうめんという食事処がオープンしています。

写真:洞窟そうめんの店の中のようす

洞窟の中で長崎県の誇るブランド島原手延べそうめんを食べることが出来る期間限定の珍しい店、なんと今年で53年目という老舗です。

洞窟の奥行きは26m。気温は20℃前後くらいのとのことで、猛暑の夏に天国のような涼しさですね。

■「海軍洞窟たらいそうめん」の主なメニュー

それでは主なメニューを紹介します。

●洞窟そうめん たらいで提供されるそうめんは、長崎の高級ブランド島原手延べそうめんです。九十九島にちなんだ九種類の薬味(生姜、わさび、シソ、みょうが、えび、ネギ、椎茸、薄焼き玉子)付き!

●魚薬味 地元で採れた新鮮な魚を特製タレでいただきます。薬味としても、酒の肴としてもピッタリで、1皿2人前です。魚の種類は仕入れの状況で変わるそうなので、どんな旬の魚が出てくるのか楽しみですね。

写真:ひんやり洞窟の中で食べるそうめんは、県内のそうめんブランド・島原そうめんを使用。

その他にも、ビール・ソフトドリンク・おにぎりなど。

戦時中の洞窟がこんな風に利用されるとは、掘削した軍人さんたちは夢にも思わなかったのではないでしょうか。猛暑からしばし逃避するにはぴったりの場所かも。

■ホテルでは温泉も楽しめる?

なお、こちらの九十九島シーサイドテラスホテル&スパ花みずきには良質な温泉もあります!

大量に含まれる鉄分イオンの他、ナトリウム・マグネシウム・カルシウム・カリウムイオンなどの各種ミネラル分が含有されていて、敷地内の地か153mから噴出する自家泉100%かけ流しの冷泉はこちらも熱い夏におおススメです。

源泉をそのまま加温した温泉とセットで繰り返し入ると効能アップだそうです。
温泉情報→https://www.saspa99.jp/spa/

■限定チケットは売り切れ次第終了

さらに、洞窟たらいそうめん2名分、ソフトドリンク2杯、おにぎり(1皿2個)になった限定チケットも販売中です。こちらは売り切れ次第終了です。九十九島シーサイドテラスホテル&スパ花みずきのフロントにて購入してください。

洞窟たらいそうめんと冷泉で夏の暑さを乗り切りましょう。

(まとめ・文:えこぴ 情報更新:2020年7月 hotspring727)

関連記事(外部サイト)

×