山形・姥湯温泉「桝形屋」17代脈々と続く秘湯。野趣に富んだ絶景露天風呂で白濁の湯に浸かる

【紅葉露天】山形県米沢市にある姥湯温泉は、福島県との県境にほど近い標高1,300mの山の中にある秘湯だ。

その歴史も古く室町時代に発見されたと言われている。桝形屋は姥湯温泉にあり、現在17代目が営業している老舗旅館である。

写真:桝形屋から見える紅葉

■露天風呂

その秘湯風情に温泉ファン憧れの露天風呂は、1つは混浴でもう1つは女性専用だ。檜造りの内湯も男女1つずつ、風情がある。

岩が露出したような荒々しい山を見上げるような露天の湯は青みがかった白濁湯。紅葉が彩を添える迫力ある山を眺めながら野趣に富む露天風呂での時間はまさに格別。

写真:姥湯温泉桝形屋の露天風呂※写真は紅葉シーズンのものではありません

この白濁の姥湯温泉の泉質は、単純酸性硫黄泉。筋肉や関節の痛み、神経痛、冷え性の他、アトピー性皮膚炎など皮膚疾患に効くと言われている。

写真:温泉のあたりから見上げると紅葉はこんな感じ

■早めの予約がオススメ。日帰り湯も

桝形屋で露天風呂を楽しめるのは11月上旬まで。それ以降は冬季休業となる。

宿泊は早くから満室に近い状態となるので早めの予約がよい。

もし部屋が取れなくても、日帰り湯も営業している。ぜひ、秋の大自然を肌で堪能しに訪れたい。

写真:姥湯温泉 桝形屋の外観。荒々しい大自然の風景が独特だ

■薬師森も訪れたい

紅葉もいいが大自然を堪能できるおすすめの立ち寄りスポットが薬師森(やくしもり)。

姥湯から約45分で行ける登山道で、頂上では高倉山、吾妻山などのパノラマに胸がすくようだ。足元では愛らしい高山植物の姿に癒される。

(情報更新:2020年9月 hotspring727)

源泉かけ流しの紅葉露天風呂・東北
源泉かけ流しの紅葉露天風呂TOP

紅葉 について

見頃:10月中旬
見頃チェックSNSまたはブログ:なし

関連記事(外部サイト)

×