北海道・登別温泉「祝いの宿 登別グランドホテル」滝見の紅葉露天で格別のひと時を。3種類の温泉も楽しめる

【紅葉露天】登別グランドホテルは、北海道・登別温泉街の中心にある老舗旅館ホテル。ヨーロッパ風の優美な空間で、本格ドーム型ローマ風大浴場が特徴。「登別の迎賓館」とも称されている。

紅葉が望める庭園露天風呂は、檜風呂と岩風呂の2種類がある。AとB、2つの浴場があり男性・女性の時間入替制をとっている。檜風呂と岩風呂はどちらの浴場にもあるが、A浴場の庭園には滝が流れており、勢いよく流れる滝の音でリラックスしながら紅葉露天を楽しむことができる。

写真:滝見露天を楽しめる登別グランドホテルの露天風呂A

日帰り入浴も可能だが、紅葉シーズンは、土日は混み合うことも多い。平日の早い時間帯の利用がオススメだ。

写真:広い露天風呂には岩露天(硫黄泉)と檜風呂(食塩泉)で効能を高めるはしご湯ができる

■1つの施設内で3種類の泉質をはしご湯できる

登別には9種類もの温泉が湧き出ているが、登別グランドホテルでは、そのうち「硫黄泉」、「食塩泉」、「鉄泉」の3種類の温泉を楽しむことができる。中でも紅葉露天風呂が楽しめる岩風呂は源泉掛け流しの「硫黄泉」、檜風呂は「食塩泉」となっている。火山活動の盛んな地域で湧き出る鉄泉は、大浴場内の湯船で楽しめる。

写真:大浴場内で楽しめる珍しい「鉄泉」をはじめ3種類の湯を楽しめる

写真:客室例。ベッドルームと和室と好みで選べる

ホテルの名物は「ホテル特製ビーフシチュー」。年中楽しむことができるメニューだが肌寒くなるこの時期、より一層美味しく感じそうだ。

ホテルの近くには「地獄谷」や「大湯沼」など有名紅葉スポットがある。ナナカマドやヤマウルシなどが真っ赤に色づき、まさに絶景だ。

また、大湯沼川天然足湯は、地獄谷からゆっくり歩いて20分程の所にある自然の足湯。木々が茂る山の中にあるので、紅葉に包まれながらの足湯を楽しめるのでオススメだ。大湯沼から流れる川からは湯気が立っているのも面白い。

他にも登別温泉の入り口にあるその名も「紅葉谷」や、新登別大橋などの黄金色に輝く紅葉も美しい。

写真:登別温泉の紅葉は高低差と地熱の影響か長く楽しめる

高低差、さらに温泉の地熱が関係しているのか、紅葉の時期が長いのも魅力で、9月から11月頃まで紅葉を楽しむことができる。詳しい情報は登別観光協会のHPなどで確認してほしい。

(情報更新:2020年9月 hotspring727)

源泉かけ流しの紅葉露天風呂・北海道
源泉かけ流しの紅葉露天風呂TOP

紅葉 について

見頃:例年9〜11月
露天の紅葉ライトアップ:なし
見頃チェックSNSまたはブログ:特になし
貸切紅葉露天:なし

関連記事(外部サイト)

×