山形・米沢八湯「大平温泉 滝見屋」駐車場から徒歩20分!最上川源流の秘湯で野趣溢れる紅葉露天を満喫

【紅葉露天】「大平温泉 滝見屋(おおたいらおんせんたきみや)」は、山形県の米沢市街から約25km、吾妻山山頂にほど近い、標高1,050mにある最上川源流の秘湯宿。山道を車で走り、駐車場に車を停めて、さらに谷へ徒歩で下ること約20分。手つかずの自然美を感じつつ一歩一歩進むと、かわいらしい吊橋を渡った先にお目当ての宿が登場する。

写真:鮮やかな紅葉に囲まれた滝見屋

■ダイナミックな露天風呂

磐梯朝日国立公園内にある秘湯の一軒宿は、野趣溢れる手つかずの自然を満喫できる名湯。

川べりに造られた露天風呂は、大きな岩に囲まれとてもダイナミック。赤や黄色に彩られた木々と最上川のせせらぎを眺めつつ、柔らかな湯に身を沈めると、鮮度抜群の湯がじんわりと肌に染み渡る。

写真:紅葉時期の滝見屋の露天風呂

カルシウムー硫黄塩泉の湯は、透明度が高く昔から胃腸病の名湯として知られている。入浴後は肌がさらりとして化粧水いらず。

■内湯から眺める「火焔の滝」

歩いてしかたどり着けない極上湯は、都会の喧噪を離れオフモードになれる露天風呂のほか、宿の名前のとおり名勝・火焔の滝が眺められる内湯がある。

写真:最上川源流の滝「火焔の滝」の秋

チェックイン時に無料、先着順で予約できる貸切露天風呂もあり、家族やカップル、友達同士で贅沢な湯浴みを楽しめる。

■山ガールにもオススメ

秘湯ファンはもちろんのこと、百名山・西吾妻山の登山口で、米沢の山岳基地・天元台高原の紅葉も同時期見ごろになっているので、紅葉トレッキングを楽しみたい山ガールにもオススメ。

女性専用の露天風呂もあり、大自然のエネルギーを感じてリフレッシュできる。

写真:宿へは徒歩で吊り橋を渡ってアクセス。秋の情景も見事。

■紅葉の季節ならキノコや山形名物「いも煮」

お食事は旬にこだわった山の宿らしい川魚や山菜など。この季節はキノコや山形名物のいも煮も味わうことができる。

秋になると、鍋の内容が山形のソウルフード・芋煮に変更になり、里の農家さんからいただく里芋を使った鍋が好評。

また、せっかく米沢にきたら、と米沢牛料理(ステーキ)を特別料理のオプションとしてゲストが増えているそう。

写真:秋の山の幸が味わえる料理。紅葉の時期は芋煮や珍しいキノコが楽しみ

■米沢駅からの送迎もある

宿泊者限定で米沢駅からの送迎を行っているので、利用する場合は予約の際に問い合わせを忘れずに。

駐車場から約20分ほどトレッキングすることは変わらないが、険しい山道の運転に自信が無い場合は送迎をお願いするといいだろう。

なお、2020年の冬季休業は11月4日からの予定。

(情報更新:2020年9月 hotspring727、編集:Vermiliおん)

源泉かけ流しの紅葉露天風呂・東北
源泉かけ流しの紅葉露天風呂TOP

紅葉 について

見頃:例年10月上旬頃から

見頃チェックSNSまたはブログ:Facebookページにて発信
https://www.facebook.com/odaira.takimiya

貸切紅葉露天:あり
紅葉露天客室:なし

近くのおすすめ紅葉スポット:
宿周辺の磐梯朝日国立公園一帯

関連記事(外部サイト)

×