岩手・八幡平温泉郷/松川温泉「松川荘」ドラゴンアイで有名な国立公園内、乳白色の露天で紅葉を。温泉地熱の恵みも

【紅葉露天】初夏のわずかな期間に見られる(こともある)八幡平(はちまんたい)ドラゴンアイが話題ですが、その近隣エリアに点在する八幡平温泉郷では、雄大な山肌に広がる紅葉が10月に見頃を迎えます。

写真:松川地熱発電所と紅葉

ここ松川温泉は、日本初の地熱発電所がある土地。そこから供給される温泉蒸気を「松川荘」では館内の暖房などにも利用しています。

写真:秋の松川渓谷

それでは、松川荘の紅葉露天について詳しくご紹介します。

■紅葉露天について

「松川荘」は、八幡平国立公園内、標高850mほどののところにあります。深山に抱かれたロケーションで、源泉を100%かけ流しにした温泉が楽しめます。源泉は高温と低温の2種類あり、どちらも乳白色となり、露天風呂では紅葉とともに美しい色合いに。

写真:屋根付きの女性露天風呂

2種類の源泉が楽しめる内湯大浴場のほか、女性露天風呂は屋根付きと屋根なしがあり、青空×紅葉はもちろん、雨の日でもゆっくり、しっとりと過ごすことができます。

男女混浴の露天風呂は広々としていて、一部屋根付きとなっています。

写真:2種類の泉質が楽しめる内湯大浴場

写真:男女混浴の露天風呂

露天風呂から見えるのは、岩手山松川登山口に通じる山。また澄川の渓谷美を間近に眺められます。

なお、例年の紅葉の見ごろは10月中旬〜下旬となっていて、カエデ、サクラ、ブナなどが色づく様子が見られます。

写真:見事な八幡平の紅葉

紅葉の時期は込み合いますが、平日の午前中は比較的すいているそうです。日帰り入浴も可能なので、ぜひトライしてみては。

写真:紅葉トレッキングの後に立ち寄れる

■紅葉以外の魅力について

敷地内には、温泉たまごを手作りできる「たまごの館」も。作った温泉たまごは食堂に持ち込みOKですよ。

写真:温泉たまごを手作りできる「たまごの館」

宿の食事はまぼろしの鶏「ほろほろ鶏」の料理のほか、秋はいろいろなきのこ料理が登場します。

写真:ほろほろ鶏の料理も楽しみ!

■近くのおすすめ紅葉スポットなど
松川大橋、八幡平樹海ラインの下倉付近、森の大橋

■紅葉DATA
見頃:例年10月中旬〜下旬
紅葉の見られる露天風呂:混浴露天、女性専用露天(屋根なし)

写真:八幡平ドラゴンアイ

(まとめ・文:前田ゆかり、編集:Vermiliおん)

関連記事(外部サイト)