福島・芦ノ牧温泉 「大川荘」鬼滅の刃の無限城にそっくり!?で話題。絶景を眺める棚田状露天風呂にも注目

自然豊かな芦ノ牧温泉、大川のほとりに立つ旅館「芦ノ牧温泉 大川荘」。実は地下から1階の吹き抜け部分が、人気アニメ「鬼滅の刃」の戦闘が繰り広げられる「無限城」のシーンに酷似しているとSNS上でも大変話題になっているんですよ。

「無限城」で話題の大川荘ですが、その木造の優しいぬくもりを感じさせる美しい空間に加え、山々や渓谷の絶景を眺められる「棚田状になった湯船」の露天風呂という独特な温泉の造りも注目されています。しかも、源泉かけ流しの温泉です。

写真:渓谷沿いに佇む大川荘

2020年10月16日に公開されたアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は、公開10日間で興行収入が100億円を超える記録的ヒットとなっていますね!

■アニメ「鬼滅の刃」で話題に

「鬼滅の刃」は、週刊少年ジャンプに2016年から2020年5月まで連載された漫画です。

連載の終了により多くの読者が「鬼滅ロス」に陥ったと言われるほどの人気で、累計発行部数が5月13日発売の単行本20巻で6000万部を突破。

2019年のオリコン年間コミックランキングでは、「鬼滅の刃」の発行部数は1205.8万部、2位「ONE PIECE」の1080万部を上回りました。

人気の要因は、2019年4月から放映されたテレビアニメ版とも言われており、特に戦闘シーンの躍動感や、美しい背景描写が好評だったようです

そして戦闘が繰り広げられる「無限城」のシーンが、大川荘の地下から1階の吹き抜け部分にそっくりだと言われているんです。

写真:まるで無限城?!鬼滅の刃の1シーンに似ていると言われる吹き抜け部分

実際にこのシーンを見てみましたが、確かに日本旅館を思わせる美しくリアルな背景は印象的です。アニメでは琵琶を弾いて鬼を追い払うというシーン。

大川荘では、16:00〜18:00まで、この場所でお出迎えの三味線演奏が行われており、これが鬼滅の刃の元ネタではないかと言われるほど酷似していますが、大川荘がモデルだったわけではないそうです。

6月26日の営業再開後もお出迎えの三味線演奏は行われていますので、鬼滅ロスの人たちは一度見てみたいと思われるのではないでしょうか。

写真:平成元年から行われているお出迎えの三味線演奏

■芦ノ牧温泉大川荘 どんな宿?

写真:迫りくる山々を眺めながら楽しめる露天風呂

「無限城」で話題の大川荘ですが、その木造の優しいぬくもりを感じさせるロビーからラウンジへと広がる美しい空間だけでなく、山々や渓谷の絶景を眺められる独特な温泉の造りも注目されています。

大川に面した渓谷沿いに立っているため、湯船が棚田状になっている「四季舞台たな田」と呼ばれる露天風呂。

季節により加水はしていますが、源泉かけ流しの温泉です。芦ノ牧温泉の豊富なお湯を堪能できます。

雄大な自然の絶景を間近に眺めながら温泉に浸かってのんびり。

大きな窓から見える緑に癒される開放的な内湯、負担をかけずにじっくりあたたまれるサウナも完備されています。

口コミでは棚田のお風呂が好評で、お湯はやや熱めですがいくらでも入っていられるほど心地よい、肌がすべすべになると絶賛されています。

写真:棚田のお風呂では上の湯船から下にお湯が入らないように工夫もされている

会津若松市から車で25分とアクセスもよい芦ノ牧温泉。渓谷と天然温泉に癒される休日を過ごしに行ってみたいですね。

(まとめ・文:mashiro、編集:Vermiliおん)

関連記事(外部サイト)