神奈川・箱根湯元温泉「雉子亭 豊栄荘」露天風呂からの紅葉と雉料理を満喫できる秘湯のような温泉旅館

【紅葉露天】都内から電車で約90分、箱根温泉も紅葉の見頃を迎えています。

箱根湯元温泉「雉子亭 豊栄荘」では、露天風呂や内湯大浴場、客室からも紅葉に染まる山々の絶景を楽しめますよ!

写真:開放感あふれる露天風呂から箱根の紅葉を堪能できる

■箱根の玄関口にある秘湯のような温泉旅館

箱根湯本温泉は、新宿から小田急ロマンスカーで85分、車でも東京から1時間ちょっとで到着する、箱根の玄関口に位置する温泉街。

観光客が食べ歩きや買い物を楽しめるにぎやかなエリアで、40数件の温泉旅館が軒をつらねます。

その箱根湯本の駅からバスで10分のところにある「雉子亭 豊栄荘」は、静かな渓流沿いにある秘湯のような温泉旅館です。

広い敷地の中には、日本庭園や一棟貸しで宿泊できる「離れ 雉子亭」を含む客室18室、そして宿泊棟から少し離れたところに露天風呂があります。

屋根のない開放感たっぷりの露天風呂は、箱根湯本温泉の源泉をかけ流しで使用。湯舟のすぐそばに清流須雲川が流れ、周囲の木々の紅葉を楽しめます。

余ったお湯を須雲川にそのまま流しているため、露天風呂ではシャワー、石鹸類は用意されていません。

箱根の自然を間近に感じながらの温泉にゆっくりくつろぐ時間を味わえそうですね。

お湯の泉質は、アルカリ単純泉。Ph9.06とかなり高いアルカリ性のお湯は、皮脂を溶かしたり、角質を柔らかくする効果が期待できるので、美肌の湯とも呼ばれています。

内風呂の大浴場からも、窓の向こうに広がる山々の紅葉を楽しむことができますよ。大浴場は深夜まで利用できます。

温泉は日帰りでの利用も可能。1日5組限定の予約制なので、混雑することなくゆっくりできると好評のようです。

■高級食材の雉を使った料理を堪能できる夕食

雉子亭 豊栄荘の名物料理は、愛媛県鬼北町で飼育されている「鬼北雉」を使った雉料理です。

雉を初めて食べる宿泊客が多いようですが、「クセがあると思ったがおいしくてパクパク食べられた」などの口コミもあるようです。

鶏肉と比べても低カロリーで高たんぱくな雉。雉出汁のスープもコクがあっておいしく、さまざまな料理に使えるそうです。

夕食では、雉の瓦焼・焼き霜指し・雉鍋とたっぷり堪能できますよ。〆の旨みの詰まった出汁の雑炊は絶品です。

なかなか食することのできない雉料理をぜひ味わってみてくださいね。

■客室からも紅葉の絶景が楽しめる

写真:築400年の古民家を移築した「離れ 雉子亭」

全客室に2間続きの広いスペースがあり、ゆったり過ごせます。

湯坂山や、敷地内の日本庭園など、箱根の絶景や紅葉を客室からも楽しめますよ。川に面した部屋もあります。

テラスのついた特別室「染井」では、テラスからの山々の紅葉を独り占めできる贅沢な時間を過ごせそう。

また、一棟貸しの「離れ雉子亭」では、築400年以上の合掌造りの古民家に宿泊できます。

応接間と15畳・8畳の2部屋とゆとりのあるスペース。日本旅館で初めて雉料理が味わえる料亭「雉子亭」として使われていたことから、旅館の名前がつけられたそうです。

山や木々の中に佇む古民家で、箱根の紅葉を満喫できそうですね。

密を避けながら、紅葉と温泉を楽しめるため、コロナ禍でも大変好評のようで、現在、年内の週末はほぼ満室になっているとのこと。

宿泊・日帰り入浴とも、早めの予約をおすすめします。

(まとめ・文:mashiro、編集:hotspring727)

関連記事(外部サイト)

×