長野・星野温泉「ケラ池スケートリンク」森の中の池に張る天然氷の上を滑る!併設のカフェでホットドリンクも。

スケートリンクというと、四角くて壁に囲まれていて、みんなが一定の方向に滑っている、というのが一般的です。しかし、自然に囲まれた長野県の軽井沢星野エリアには、自然の中の池を利用した「森の中のスケートリンク」がオープンしています。もちろん厳冬期には天然氷の上を滑ることができるんですよ!

写真:広大な自然に包まれて滑るスケートは爽快感抜群

星野リゾートが運営する「軽井沢星野エリア」。ここに冬季限定の天然氷スケート場「ケラ池スケートリンク」があります。

このスケート場、「森を感じるスケートリンク」がコンセプト。周囲を美しい森に囲まれ、遠くには浅間山を眺めることもできます。フェンスもなく、リンクは曲線が多いひょうたんの形になっています。

周囲には小鳥をはじめとするたくさんの野生動物が生息し、その周りの自然を感じながらゆったりとスケートを楽しむことができるのです。

■天然氷エリアは厳冬期の12月20日頃から2月中旬に滑走できる

ケラ池スケートリンクでは、まず10月下旬から冷却装置を使ったエリアがオープンしています。

そしていよいよ寒さが増した厳冬期、12月20日頃から、天然氷エリアでも滑走できるようになります!

天然氷は透明度が高く、ツルツルでよく滑るそうです。天然の氷の上を滑るなんて、街ではできない体験、まさに標高1000mの高原、軽井沢ならではの冬の楽しみ。

昭和30年代にはスケートブームもあり、天然氷のリンクももっとあったそうですが、今では減ってしまったそうです。ケラ池スケートリンクでは今でも軽井沢らしい冬の楽しみが体験できるのが嬉しいですね。

なお、スケートしていると体は温まるので、ふだんの街での冬の服装でも大丈夫です。ウールやダウンのコート、マフラーがあるといいですね。手袋とニット帽は安全のためにも着用必須です。
(ケラ池スケートリンクでは、ニット帽は500円、手袋は300円で販売しているので忘れても大丈夫ですね)。

写真:子どもたちも楽しく滑走

■おしゃれなリンクサイドのカフェも。氷の上のベンチでホットドリンクを。

普通のスケートリンクでは滑る方向が決められ、一定の方向にグルグルと回るところが多いと思いますが、このリンクでは自由にゆったりとお散歩気分でスケートを楽しむのがコツ。

スケートに自信がない場合も、貸し出し無料の木製のソリ付き椅子につかまりながら滑ることができますよ。

スケートリンクの受付でもある建物には「イカルカフェ」があります。リンクから自由に出入りすることができ、コーヒーやココアなどのホットドリンクのテイクアウトもOK。

氷上にはベンチも用意されていて、疲れたらここであたたかい飲み物を飲みながら休憩するのもおすすめ。リンクサイドの薪ストーブであたたまりながらほっこりする時間もいいですね。

長野県北佐久郡軽井沢町 星野リゾート 天然氷のスケートリンク ケラ池スケートリンク

写真:リンクサイドで、ホッと一息

長野県北佐久郡軽井沢町 星野リゾート 天然氷のスケートリンク ケラ池スケートリンク

写真:薪ストーブの火とホットドリンクに心癒される時

■スケートのあとには温泉も!

軽井沢星野エリアは古くからの温泉地。エリア内の「星野温泉 トンボの湯」では、大きな窓が開放的な内風呂や露天風呂でゆっくりあたたまることができます。

宿泊者だけでなく、日帰りでも利用できるので、ぜひ気軽に立ち寄ってみてくださいね。この冬は、温泉+ランチ+ボディケアがセットになったお得な「おひとり日帰り湯治プラン」も開催。ひとりで気ままにのんびりと温泉が楽しめますよ。

(まとめ・文:mashiro、記事更新:hotspring727 2020年12月)

長野県北佐久郡軽井沢町 星野リゾート 天然氷のスケートリンク ケラ池スケートリンク

写真:スケートを楽しんだ後は、雪景色を楽しみながらの湯浴み

写真:秋はりんご湯、冬至はゆず湯、冬は橙と季節湯も人気

関連記事(外部サイト)

×