合鍵作成の値段相場と時間 ディンプルキーは合鍵屋で作製できる?

合鍵を作成する際、どれくらいの値段と時間がかかるか知っていますか?特に複製が難しいとされるディンプルキーは、近所にある街の合鍵屋でも作製できるのか、わからない方も多いことでしょう。

合鍵作成の値段相場と時間 ディンプルキーは合鍵屋で作製できる?の画像01

こちらでは合鍵の作成における値段の相場から、所要時間や注意点など詳しくご紹介します。
合鍵の作成を検討している方は、合鍵屋に足を運ぶ前にぜひ参考にしてみてくださいね。

合鍵を作りたくても、お店や鍵のタイプによっては複製できないこともあるよ!
この記事で自分が持っている鍵が複製できるのか調べてみよう!



■合鍵作成(作製)の値段相場はいくら?かかる時間は?

合鍵作成の値段相場と時間 ディンプルキーは合鍵屋で作製できる?の画像02

合鍵作成の値段や合鍵作製の所要時間は、ホームキーの種類によって変わります。
マンションや戸建てなどで使用されているホームキーの種類は、大きく分けると以下の3種類になります。

▼ディスクシリンダー錠

合鍵作成の値段相場と時間 ディンプルキーは合鍵屋で作製できる?の画像03

ディスクシリンダー錠は、鍵の両端がギザギザ
以下をタップすれば詳細が見られるよ。
ディスクシリンダー錠とは?

▼ピンタンブラー錠

合鍵作成の値段相場と時間 ディンプルキーは合鍵屋で作製できる?の画像04

ピンタンブラー錠は、鍵の片側がギザギザ
以下をタップすれば詳細が見られるよ。
ピンタンブラー錠とは?

▼ディンプルシリンダー錠

合鍵作成の値段相場と時間 ディンプルキーは合鍵屋で作製できる?の画像05

ディンプルシリンダー錠は、鍵の表面に凹凸
以下をタップすれば詳細が見られるよ。
ディンプルシリンダー錠とは?

パッと見た印象では、どれも些細な違いしか見られない方が多いのではないでしょうか。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

■合鍵作成の値段相場と時間【ディスクシリンダー錠】

合鍵作成の値段相場と時間 ディンプルキーは合鍵屋で作製できる?の画像06

賃貸物件を中心に、多くの住居で導入されているディスクシリンダー錠は、合鍵が手軽に作れるのが特徴です。
価格も3種類の鍵の中では安価
仮に、元鍵が折れてしまっていても、追加料金を支払えば合鍵が作れるケースも多いです。

ディスクシリンダー錠の合鍵を作製するとき、基本的には持参しなければならない物はありません。
ただし、お店によっては身分証明書の提示を求められる場合もあるので、あらかじめ準備しておく方が無難でしょう。

■▼合鍵屋かホームセンターでディスクシリンダー錠の作成

ディスクシリンダー錠の合鍵を作成する場合、比較的簡単に作れることから、注文を受け付けているお店が多く見受けられます。
合鍵屋では店舗数の多い「カギの救急車」や、スピーディーな対応が魅力的な「ミスターミニット」、スーパーや地下ショッピングモールで営業している「ハロースミス」などで、合鍵を作成できます。

また、ネット上で様々な鍵のトラブルに対応している「鍵の110番」や、カインズホームなどのホームセンターでも、合鍵作成を受け付けています。
合鍵屋や、合鍵を受け付けているホームセンターであれば、ディスクシリンダー錠の合鍵作成は、ほぼどこでも可能と言っても過言ではないでしょう。

■合鍵作成の値段相場と時間【ピンタンブラー錠】

合鍵作成の値段相場と時間 ディンプルキーは合鍵屋で作製できる?の画像07合鍵作成の値段相場と時間 ディンプルキーは合鍵屋で作製できる?の画像09

ディスクシリンダー錠など比較的簡単に合鍵が作れる鍵もあれば、合鍵が作れない特殊な形状の鍵も存在します。
その分防犯性が高いメリットもありますが、合鍵がどうしても必要になった時、複製できないと困ることもあるでしょう。

普段使用している鍵が合鍵の作れない特殊キーに当てはまらないか、合鍵作成時の注意点と併せて確認してみてください。

■合鍵が作れない特殊キーがある?!

合鍵の作成方法は基本的には単純で、合鍵を作成する機械にスペアキーをセットし、元鍵と同じ形状に削っていくだけです。
機械を動かすのに専門的な技術はさほど必要ではないため、初心者でもピンタンブラー錠など単純な形状の鍵は作れるのではないでしょうか。

しかし、それとは対照的に専門的な技術を有している人でも、合鍵が作れない特殊キーもあります。
それがディンプルキーなどに見られる、表面に凹凸やウェーブがある鍵です。
街の合鍵屋で絶対に作れないとは言い切れませんが、これらの合鍵は難易度が非常に高く、元鍵を破損してしまう恐れもあることから、断られる場合のほうが多いでしょう。

また、ディスクシリンダーを改良したロータリーディスクシリンダーや、カードキータイプも特殊キーとして扱われます。
メーカー依頼の取り寄せとなる可能性が高いため、費用もかかり、複数の合鍵を作ることは難しくなるのではないでしょうか。

後でご紹介しますが、スマートロックを導入すればいくつも合鍵を作成する手間が省けますので、参考にしてみてください。

続きは、ニフティ不動産で読む

関連記事(外部サイト)

×