JRA重賞『NHKマイルC』(GT)本誌競馬班“厳選”軸1頭+相手5頭!

JRA重賞『NHKマイルC』(GT)本誌競馬班“厳選”軸1頭+相手5頭!

JRA重賞『NHKマイルC』(GT)本誌競馬班“厳選”軸1頭+相手5頭!の画像

(C)JRA

過去10年で、3連単10万円以上の配当が7回と、波乱傾向の強い一戦。マイル路線の馬だけでなく、距離に限界を感じたクラシック組も参戦することで、より混迷度合いが高まる。今年も絶対的な存在は見当たらず、難解な組み合わせ。高配当が出る可能性は十分だ。



★軸馬=グレナディアガーズ

未勝利勝ち直後に朝日杯FSをレコードで制しているグレナディアガーズ。その後は、クラシックに見向きもせずマイル路線を選択、年明け初戦はファルコンSで2着と、まずは順調な滑り出しを見せている。過去10年、朝日杯FSの勝ち馬は3頭がNHKマイルCに出走し、グランプリボスとアドマイヤマーズが1着、アルフレードが2着と、3頭とも連対。また、前走が良馬場の芝重賞で1番人気かつ4着以内だった馬は【5・1・0・2】と4分の3が馬券圏内に好走している。休み明けを叩いて、調子もさらに上向くはず。狙い澄ました舞台で期待に応えてくれるに違いない。


★相手=バスラットレオン

デビュー戦の勝利から、2勝目を挙げるまでに5戦を要したバスラットレオン。その2勝目で自信を取り戻したのか、前走のニュージーランドTは、逃げて5馬身差の圧勝。重賞勝ち馬のいないメンバーだったとはいえ、淀みないラップを自ら刻んで後続を突き放したレースぶりは圧巻だった。過去3勝はすべて逃げ切りだが、好位からでも競馬はできる。前で流れに乗れれば、簡単には止まらない。


★相手=ホウオウアマゾン

ここまで6戦し、すべてマイルを走って【3・2・0・1】と、安定した成績を残しているホウオウアマゾン。唯一の着外は朝日杯FSの9着だが、この時は道中で脚元に何らかのアクシデントがあった模様。それ以来となった前走のアーリントンCを勝利していることから、もう影響はないと見ていいだろう。好位から抜け出すレースぶりはソツがなく、道悪もクリア済み。大崩れは考えにくい。


アーリントンCの2着3着馬に注目!

★相手=シュネルマイスター

前走の弥生賞(中山芝2000メートル)は、前残りの2着だったシュネルマイスター。スローペースの2番手と、確かに展開の利はあったが、勝ち馬はタイトルホルダー(皐月賞2着)、3着はダノンザキッドと、強豪相手と互角以上の戦いを演じたことは評価したい。過去10年、タフな東京マイルを象徴するように、前走の距離が長いほど成績がよくなる傾向が見られる。今回、距離短縮で臨む馬は少なく、狙う価値はある。


★相手=リッケンバッカー

6戦を要した初勝利後の出走ということで、10番人気だった前走のアーリントンCだが、直線で前が詰まりながらも割って出て、2着に食い込んだリッケンバッカー。ここは先行馬がそろって流れが速くなりそう。マイル戦で33秒台の上がりを二度マークしているこの馬の末脚が、ハマる場面があってもおかしくない。18年にアーリントンCがトライアルに指定され、3着までに優先出走権が与えられるようになって以降、毎年2〜3着馬が1頭は馬券に絡んでいる点にも注目。


★相手=ヴェイルネビュラ

前走のスプリングSは、初の道悪に戸惑いながらも、スローペースの中、中団から5着まで追い上げたヴェイルネビュラ。過去2勝はいずれも良馬場だから、芝の状態がよければ前走よりは動けるはず。巻き返し必至だ。

関連記事(外部サイト)

×