JRA重賞『フェブラリーS』(GT)映画評論家・秋本鉄次の“ざっくり”予想!

JRA重賞『フェブラリーS』(GT)映画評論家・秋本鉄次の“ざっくり”予想!

JRA重賞『フェブラリーS』(GT)映画評論家・秋本鉄次の“ざっくり”予想!の画像

(C)JRA 

まあ、聞いて下さいよ。先週の共同通信杯、見事に3連複万馬券的中! 馬連も高配当で、昨年暮れの有馬記念以来の快挙となった。おまけに5頭ボックスで選んだ馬が、すべて掲示板入りというパーフェクト予想≠セもの。5連複≠ェありゃあなあ、と、どこまでも欲が深い(苦笑)。文中にも記したが、牝馬が怖い≠ニ直前に慌てて横山親子のどっちかと入れ替えないでよかった。最初の予想を曲げちゃダメ、と改めて胸に刻んだ次第だ。



理想は単勝推しだったシャフリヤール1着、ヴィクティファルス2着、キングストンボーイ3着だったけどねえ、と余裕こいた自慢話が続くとイヤミになるのでこのへんでやめましょう。何はともあれ、年が明けてから調子が日光の手前(今市、イマイチ)≠セったのが、これで今年も大幅プラスとなった。この勢いで胸を張ってGTへGO! とはいえ、フェブラリーSは絶対王者がいない。暮れのチャンピオンCでまさかの4着敗退で今回は捲土重来のはずのクリソベリルは欠場し、代わって制覇したチューワウィザードは土曜日に行われるサウジアラビア国際競走を選んだし、さらには昨年のフェブラリーS覇者モズアスコットも不在だけに、これじゃあフェブラリー特別≠ニまでは言わないが、小粒メンツでいかにも、荒れそう。


前哨戦の根岸Sを勝ったレッドルゼルはマイル経験ゼロがネックだろうし、3連勝のオーヴェルニュは直前まで騎手が決まらず(結局、丸山に)なったいきさつもあり、ヤな予感。インティは前走人気になり過ぎて惨敗し、今度もそこそこ人気だろうが、往時の力があるのか否か。根岸2着で穴をあけたワンダーリーテルは、今度は注目度がアップしそうだが、二番が効くのか、妙味はあるのか?


今回も明快に5頭ボックスで“掲示板独占”狙い!

そこで、中心は根岸Sでは59キロがアダになった(結果4着)と思いたいEアルクトス。今度は57キロで走り頃と見た。もう1頭の軸は東京ダート2戦2勝で、やはり頼れるルメール騎乗のBカフェファラオ。昨年のユニコーンSが鮮烈だった。関東馬は16頭中この2頭だけ。東でワンツーなら理想的だけどね。これに、ここ数戦、一回置きに好走凡走を繰り返すHサンライズノヴァ。今度は走る番? 実は前記のカフェファラオも一回置き≠フクチだ。


他にもサクセスエナジーやヘリオスも同様だが、前者は東京苦手、後者は格下≠ニ見て、蹴る。これに、共同通信杯でもお世話になった松山騎乗が頼もしい@エアアルマス、もう一頭のファラオ≠ナ、乗れてる福永騎乗、加えて角居師が今月で勇退ゆえにGワイドファラオも意識した。


サイン馬券なら、土曜のテニス全豪オープン決勝戦に大坂なおみ出場に呼応して、オーヴェルニュ、サンライズノヴァ(サクセスエナジーでも)、カフェファラオで決まればオー・サ・カ馬券≠ニなる(笑い)。ボクはこの3連複は買わないが、来たら面白い?


さて映画馬券だが、今週はいよいよ関連性が低い。サクセスエナジーの父キンシャサノキセキについても、カフェファラオ、ワイドファラオのファラオ≠ノついても、アルクトスの母ホシニイノリオについてもすでに書いたしなあ。無理くり探せば、レッドルゼルの母フレンチノワールか。往年のフランスのアウトロー映画群をしばしばフレンチノワール≠ニ呼ぶ。その中でも多くの作品を残し、名手・巨匠との誉れ高いのがジャン=ピエール・メルビル。アラン・ドロンが孤高の殺し屋を演じた『サムライ』(67年)が最も有名で、ジャン=ポール・ベルモンド主演の『いぬ』(62年)、リノ・バンチュラ主演の『ギャング』(66年)など傑作揃いだけに、機会があれば見てほしい。


最後の最後に蹴ったレッドルゼル…もし距離の壁を克服して来たら、ボクの眼鏡違いでゴメンナサイ。結論は、先週に味をシメ、今回も明快に@BEGH5頭ボックスの馬連、3連複で掲示板独占≠ニいきたい(独占しなくとも上位3頭ならヨシ!)。


秋本鉄次

映画評論家。飲む・打つ・観る∞映画は女優で観る≠モットーに、娯楽映画、中でも金髪女優の評論にかけては業界随一。著書に『パツキン一筋50年 パツキンとカラダを目当てに映画を見続けた男』(キネマ旬報社)など。

関連記事(外部サイト)