公開目前、本編よりロンとバーニーの出会いのシーンが解禁!映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』

友達が欲しい少年「バーニー」と最新式なのにポンコツなロボット「ロン」が本当の友情を探すハートウォーミング・アドベンチャー映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』

出会うはずのなかった1人と1体の冒険物語が、2021年10月22日より全国ロードショーされます☆

 

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』

 

ロン 僕のポンコツ・ボット メイン

 

公開日:2021年10月22日(金)より全国ロードショー

タイトル:ロン 僕のポンコツ・ボット(原題:『RON’S GONE WRONG』)

制作:ロックスミス・アニメーション

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

 

ウォルト・ディズニー・ジャパン配給、ロックスミス・アニメーション制作のアニメーション映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』

オンライン通信主体の現代を彷彿とさせる時代背景とチャーミングなポンコツロボットキャラクターが斬新すぎる『ロン 僕のポンコツ・ボット』を紹介します!

 

本編よりロンとバーニーの出会いの瞬間を描いた映像が解禁!

 

 

映画の公開を目前にして、この度バーニーのもとに念願の最新式デバイスBボット「ロン」が届いたその瞬間の本編映像が解禁されました!

「ボクは(登録ユーザー名)のつながるベスト・フレンド」編です。

バーニーのもとに届いた念願のBボット。

ワクワクしながら起動させると、ロンは最新式デバイスのはずが変な音を出しながら小刻みに振動し、ようやく起動します。

ところが、目の位置がガクンとズレて、早くもそのポンコツっぷりを見せつけてきます。

ようやく自分にも親友ができる!と胸を高鳴らせていたバーニーが「僕のBボット! ほら、繋がるベストフレンド!」と、後押ししますが、ロンはバブルネットと呼ばれるネット環境への接続も自分ではできません。

バーニーのことを、名前の登録ができないために、「(登録ユーザー名)」と呼び続けるところも本当にポンコツなロン……。

バブルネットへの接続方法をデーターベースで調べると言って、検索するも、その結果は……

「質問の答えはバブルネットにあります」。

腰砕けになりそうなバーニーですが、思わず笑ってしまいそうになる2人の出会いを描いた大切なシーンです。

 

ロンのかわいすぎるお茶目ショット

 

『ロン 僕のポンコツ〃ボット』場面写真

 

ポンコツロボット「ロン」の”そこにいるだけでカワイイ”お茶目なショットをご紹介!

SNSでも大きな話題を呼んでいる、そのダメっぷりがむしろ愛くるしさに拍車をかける<Bボット>ロン。

こちらで紹介するのは、ロンが初めて見るものばかりの中でポンコツ行動をとっているお茶目すぎるショットの数々です。

バーニーのことを深く知るために、なぜかバーニーのパンツが燃えるのかどうかを試してみたロンが、燃えたパンツを帽子のように被って、得意げな表情の1枚目。

 

『ロン 僕のポンコツ〃ボット』場面写真1

 

持ち主の個性を反映した派手な見た目にアップグレードされたBボットたちに囲まれる中、アナログゆえに色を変えることができずにニット帽を被ってごまかせたつもりでいるらしいロンの姿も愛くるしいことこの上ありません!

 

『ロン 僕のポンコツ〃ボット』場面写真2

 

バーニーの同級生であるサヴァンナがBボットを通じてSNSライブ配信をする一幕も。

右下にはハートマークの表示がいくつもポップアップしていて、リアルな社会とのリンクを感じさせますね。

 

『ロン 僕のポンコツ〃ボット』場面写真3

 

双眼鏡と地図を片手に何かを観察中のバーニーの横で、目を双眼鏡のようにまん丸に変形させた変顔中(?)のシーンもあって、ロボットながらいろんな表情を見せてくれるロンの魅力が溢れるショットに釘付けです。

今年のハロウィンは真っ白ボディにクリクリお目目の可愛いロンの仮装が流行るかも……?

ロン&バーニーが繰り広げるハートウォーミングなアドベンチャーに日本中が釘付けになることは間違いなしです!

 

予告映像

 

 

友達のいない少年とポンコツロボット、ちょっと社会からはみ出し気味な1人と1体が巻き起こしていく大騒動が垣間見える予告映像です。

人間が「Bボットを持っている人と持っていない人」の二つに分けられる、というロンの語りから始まる予告映像からは、Bボットがいかに現代社会に不可欠なデバイスであるかがたっぷり描写されています。

ネット、通話、TV、ゲーム、音楽などあらゆるデジタル機能に加えて、さらには持ち主にピッタリな友達も見つけ出してくれて、どうやら写真を撮ったり、撮った写真にフィルターをかけて加工したりもできるみたい。

まさに夢のようなデバイスです。

だけど、どうやら主人公のロンのもとにやってきたBボットは他のBボットとは様子が違うようで……。

 

ストーリー/あらすじ

 

<トモダチ・ボット=Bボット>

それは、スマホよりハイテクで、あなたの友だちになってくれる夢のようなデバイス。

ネットや通話はもちろん、TVも観られるし、ゲームもできる。

あらゆるデジタル機能に加えて、すごいのは持ち主にピッタリな友達も見つけ出してくれるのです。

そんなBボットを通じて誰もが仲間とつながることができる世界で、少年バーニーはいつもひとりぼっち。

ある日彼のもとに届いたのは、オンライン接続もできないポンコツ・ボットのロンでした。

 

『ロン 僕のポンコツ・ボット』解禁素材

 

本当なら一番の親友になって仲間を見つけてくれるはずなのに、アナログなロンは空回りしてばかりです。

 

『ロン 僕のポンコツ・ボット』解禁素材03

 

オンラインに接続することもできないし、肝心の友達探しは「友達になって」とお手製の”友達リクエスト”シールをつくって街中に貼って回る始末。

スマートな友達探しをすることもできません。

そんなロンにバーニーは、友だちの作り方を教えようとするのですが、そんな時ロンから「僕はセキュリティ管理されていない」という、爆弾発言が。

 

『ロン 僕のポンコツ・ボット』解禁素材02

 

他のBボットたちにはない特別な秘密があるらしいロンは、製造元のバブル社に危険な不良品とみなされ、廃棄処分対象として追われることになってしまいます。

 

『ロン 僕のポンコツ・ボット』解禁素材4

 

ロンに隠された秘密とは一体!?

果たしてバーニーとロンは、スクラップの危機を乗り越えることが出来るのでしょうか。

 

キャスト&スタッフ

 

キャスト:
ロン:ザック・ガリフィアナキス/関智一
バーニー:ジャック・ディラン・グレイザー/小薬英斗
オリビア・コールマン
エド・ヘルムズ
ジャスティス・スミス
ロブ・ディレイニー
カイリー・キャントラル
リカルド・ウルタド
マーカス・スクリブナー
トーマス・バーブスカ

スタッフ:
監督:ジャン・フィリップ・ヴァイン、サラ・スミス
共同監督:オクタビオ・ロドリゲス
製作:ジュリー・ロックハート、ララ・ブレイ
製作総指揮:エリザベス・マードック、サラ・スミス、ピーター・ベイナム
脚本:ピーター・ベイナム、サラ・スミス
主題歌:リアム・ペイン

CGアニメーションスタジオのロックスミス・アニメーションが制作する初の劇場長編作となる『ロン 僕のポンコツ・ボット』

監督は世界的人気アニメーション「ひつじのショーン」のTVシリーズを手がけ、『インサイドヘッド』や『アーロと少年』ではストーリーアーティストを務めたジャン・フィリップ・ヴァインとロックスミス・アニメーションの創設者であるサラ・スミスが共同で務めます。

CGアニメーションで表現されるロンのコロンとした丸いフォルムは多くのファンを虜にしそう。

 

日本語吹き替えキャスト

 

日本語吹き替えキャスト:
ロン:関智一
バーニー:小薬英斗

「ロン」役には「PSYCHO-PASS サイコパス」の狡噛慎也役や「鬼滅の刃」、「呪術廻戦」など超人気作品のキャラクターを多く演じている実力派声優の関智一さん。

「バーニー」役は、『アクアマン』の日本語吹替版など、そのキャリアを着実に積み重ねている若手俳優の小薬英斗さんに決定しています。

「バーニー」と「ロン」が繰り広げるアナログな友情関係は、SNS 世代はもちろん、リアルなコミュニケーションが不足している現代人に癒しを与えてくれること間違い無しです☆

 

ティザー予告映像

 

 

本編映像を使用した日本版ティザー予告映像を紹介します。

スマホに代わるハイテク機能を備えた最新式ロボット型デバイス<Bボット>の商品紹介映像からはじまる日本版ティザー予告映像。

オンラインにも接続できず、「友達ってどこに落ちてる?」とバーニーに尋ねるほどのポンコツっぷりを見せるロンが笑いを誘います。

そんなロンに友達の条件を説明して、なんとか友達を探してもらおうとする必死なバーニーですが、どうもうまくいかない様子です。

日本版ティザー予告のナレーションをつとめているのは、ディズニー映画『ベイマックス』で「ベイマックス」の声を担当されている川島得愛さん。

ロンの白くて丸いフォルムに憎めないポンコツさは、長年愛される人気キャラクターへの仲間入りを予感させますね!

 

ロン&バーニー仲良しショット

 

『ロン 僕のポンコツ・ボット』4

 

ポンコツBボットのロンと友達のいない少年バーニーの仲良しショットを一挙に紹介します。

日本での公開情報が解禁されるやいなや、SNS上ではロンの可愛すぎるビジュアルに大きな話題が集まっている本作。

 

『ロン 僕のポンコツ・ボット』1

 

ロンは、ネット、写真、通話、TV、ゲーム、音楽などあらゆるデジタル機能に加えて、持ち主にピッタリな友達も見つけ出してくれるという夢のような機能を持つ<Bボット>と呼ばれるデバイスです。

話搭載されているはずの機能の凄さだけでなく、題になっている通り見た目もとっても可愛いのです。

ところが、ローディングには異常に時間がかかるし、オンライン接続もできず、友達探しをすることもできないポンコツっぷりを見せるロン。

そんなポンコツボット、ロンの愛くるしさが満載の仲良しショットです!

 

『ロン 僕のポンコツ・ボット』2

 

バーニーとロンが一緒に草原で寝転んでいる姿など、2人の距離がだんだん近づいていく様子のわかるカットは見ているだけでほっこりした気持ちに。

 

『ロン 僕のポンコツ・ボット』3

 

ハイテク機能を備えた最新式ロボット型デバイスらしからぬ目の位置がずれてしまっている姿。

思わずクスッとさせられるシーンが切り取られています。

 

『ロン 僕のポンコツ・ボット』

 

SNSでのコミュニケーションが多い昨今、ふれあいを通して友情を育むロンとバーニーの姿が日本中を魅了してしまうこと間違いなさそうです。

 

ラランドが宣伝隊長に就任

 

 

お笑い芸人ラランドのサーヤさんとニシダさんが『ロン 僕のポンコツ・ボット』の宣伝隊長に就任!

お二人による特別映像が解禁されました。

ラランドは大学時代に同級生として出会い、コンビを結成し、その後お笑い芸人の登竜門「M-1グランプリ2019」に出場して、当時はアマチュア参加だったにかかわらず準決勝進出を果たしたという経歴の持ち主。

翌年も準決勝に進出するなど、いま最も勢いがある大注目のお笑いコンビです。

宣伝隊長就任を受けて、本作を鑑賞したサーヤさんは「不器用なバーニーと不器用なロンの眩しい友情物語。どうやら私は完璧じゃない人に惹かれるみたいです」と、相方のニシダさんとの出会いを意識しているかのようなコメント。

一方ニシダさんも「まわりのみんなが持ってるBボットを羨ましく思うバーニーのもとにやってきたロン。みんなのBボットとは少し違うけれど、そんな2人の一期一会が素敵な作品でした。不器用でも可愛いロンがニシダに似てるなと思いました」と、自身の不器用さとBボットのロンを重ねてしまった様子です。

バーニーとロンのように、不器用同士でぶつかることもあるけど、お互いを理解し合っているところはまさに最高のトモダチですね。

そんなラランドのサーヤとニシダも全力で応援する『ロン 僕のポンコツ・ボット』はいよいよ公開直前!

日本中が釘付けになること間違いなしの本作にさらなる注目が集まっています。

 

主題歌はリアム・ペインのニュー・シングル「Sunshine」に決定

 

 

主題歌はあの世界的ボーイズ・グループ“ワン・ダイレクション”のメンバー、リアム・ペインのニュー・シングル「Sunshine」に決定しました!

ワン・ダイレクションとして活動休止を発表後、ソロ・デビューし、今なお世界的人気を誇るリアムの新曲。

思わず踊り出したくなる爽やかな楽曲に仕上げられています。

リアムは英語版の声優としても本作に参加していて、今回のコラボレーションについて

「僕はディズニーの大ファンなので、この作品に携われることは夢のようです。皆さんに「Sunshine」を聴いてもらい、『ロン 僕のポンコツ・ボット』を観てもらうのが待ち遠しいです。

本当に楽しかったです!」とコメント。

先日解禁されたMVには本作のキャラクターたちも登場し、リアムが劇中の「バーニー」や「ロン」と同じように草むらに寝転んで歌う姿が観られ、目でも耳でも楽しめる楽曲が話題となっています。

 

友達が欲しい少年「バーニー」と、ポンコツ<Bボット>「ロン」の”本当の友情”を探すハートウォーミング・アドベンチャー作品。

2021年10月22日より全国ロードショーされる映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』の紹介でした☆

? 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

関連記事(外部サイト)