ダニエル・クレイグ最後のジェームズ・ボンド4D上映決定!映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

全世界待望の『007』シリーズの25作目となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

2021年10月1日(金)からの全国公開が決定している最高峰のスパイ・アクション映画を紹介します。

 

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

 

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

 

公開日:2021年10月1日(金)
制作:2021年/アメリカ
タイトル:007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(原題:No Time to Die)
配給:東宝東和

前作『007 スペクター』から実に6年の時を経て、2021年10月1日(金)からの全国公開が決定している『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

2006年のシリーズ21作目『007/カジノ・ロワイヤル』から5作に渡りジェームズ・ボンドを演じたダニエル・クレイグが最後のボンド役を務める記念すべき一作です。

 

ストーリー/あらすじ

 

00(ダブルオー)エージェントを退いたジェームズ・ボンド。

ジャマイカで静かに暮らしていた彼でしたが、CIAの旧友フィリックスが助けを求めてきたことで平穏な生活は突如終わりを告げます。

彼に託されたのは誘拐されたある科学者の救出です。

果たしてその任務は、想像を遥かに超えた危険なものとなり、やがて凶悪な最新技術を備えた謎の黒幕の存在が明らかとなるのでした。

未知なる敵を追うことになったボンドはこのミッションを無事に完遂することができるのでしょうか。

 

キャスト&スタッフ

 

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』メイン

 

キャスト:
ジェームズ・ボンド:ダニエル・クレイグ
レイフ・ファインズ
ナオミ・ハリス
ロリー・キニア
レア・セドゥー
ベン・ウィショー
ジェフリー・ライト
アナ・デ・アルマス
ラダリ・ベンサーラ
デビッド・デンシック
ラシャーナ・リンチ
ビリー・マグヌッセン
ラミ・マレック
クリストフ・ワルツ

スタッフ:
監督:キャリー・フクナガ
製作:バーバラ・ブロッコリ マイケル・G・ウィルソン
脚本:ニール・パービス、ロバート・ウェイド、スコット・バーンズ、キャリー・フクナガ、フィービー・ウォーラー=ブリッジ
撮影:リヌス・サンドグレン
美術:マーク・ティルデスリー
衣装:スティラット・ラーラーブ
編集:トム・クロス、エリオット・グレアム
音楽:ダン・ローマー
主題歌:ビリー・アイリッシュ

監督を務めているのは『ビースト・オブ・ノー・ネーション』やTVシリーズ『トゥルー・ディテクティブ』のキャリー・ジョージ・フクナガです。

注目のキャストはこれが最後のボンド役となるダニエル・クレイグを筆頭に、『ボヘミアン・ラプソディ』でのアカデミー主演男優賞が記憶に新しいラミ・マレックがシリーズ最凶の悪役として登場。

さらにレア・セドゥ、ラシャーナ・リンチ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、ジェフリー・ライト、レイフ・ファインズという、『007』ならではと言っていい超豪華俳優陣が勢ぞろい!

シリーズお馴染みのビッグアーティストを起用しての主題歌には、いま最もホットなアーティスト、ビリー・アイリッシュが抜擢されていますが、主題歌「ノー・タイム・トゥ・ダイ」はすでにグラミー賞で最優秀楽曲賞を受賞しており、キャスト、そして製作陣ともに全ての要素が最高級に豪華な本作、見逃せませんね。

 

4D・ScreenXでの上映が決定

 

本作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が、『007』シリーズ初となる、4D・ScreenXで上映されることが決定!

ダニエル・クレイグのボンドを4Dで観ることができる最初で最後の貴重なチャンスとなります。

ジェームズ・ボンドが「00(ダブルオー)」エージェントを引退し静かな暮らしを送っていたジャマイカから、壮大な景観のノルウェーやスコットランド、MI6の本拠地ロンドン、世界遺産のイタリアのマテラまで、陸海空を舞台に繰り広げられるスパイ・アクションを臨場感たっぷりに、全身で体感することができるビッグチャンス、見逃せません。

 

各界の著名人からの期待コメント続々

 

興収約30億円を叩き出した前作『007 スペクター』から約6年。

待ちに待った本作に各界の著名人から期待コメントが続々と到着しています。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』を待ちきれないそうそうたるメンバーからの熱いコメントを紹介します。

 

井上裕介さん(NONSTYLE)

 

僕に次いでタキシードがカッコ良く似合う男、ダニエルのジェームズ・ボンド。

今回がラストだなんてめちゃくちゃ悲しい。

けどラストだからこそ、記憶に、心にしっかり残るよう、目に焼き付けたい

 

関根勤さん

 

ダニエル・クレイグのラストジェームズ・ボンド。

どんな活躍を見せてくれるのか楽しみ!

映画館には体調整えて行きます!

 

堀田茜さん

 

待っていました!

こんな時だからこそ007が観たかった。

息つく暇もない爽快な展開、どんな時も華麗で潔くどこか儚いジェームズ・ボンド、今からとても楽しみです!

きっと観た後に恍惚のため息をついてしまうんだろうなぁ。

最後のダニエル・クレイグを拝みたいと思います。

 

小堺一機さん

 

アクション映画の歴史を変えて半世紀強!

追随の映画にその座を渡さないキングオブアクション!

テーマ曲を聞くだけでワクワクが止まらない! ダニエル最後の007、待ちきれない!

我慢出来ない! ウズウズする! 楽しみ!

 

ジョン・カビラさん

 

「影」のあるボンドを演じてきたダニエル・クレイグの最終作。

世を救い続けた稀代の伊達男は死線を彷徨う稼業から、身を引いていたのに。

今、「死んでいる場合ではない」。

最後にまた魅せてくれ。

 

大木凡人さん

 

スクリーンから、一瞬たりとも目が離せない!!

007『ノー・ノータイム・トゥ・ダイ』世界が待っていたムービー!

主役の「ダニエル・クレイグ」のタフさの中の、クールさ。

+(プラス)セクシー美女の登場! 待ってました!!

 

2021年10月1日(金)からの全国公開が決定している全世界待望の『007』シリーズの25作目!

最高峰のスパイ・アクション映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の紹介でした。

? 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

関連記事(外部サイト)