映画で使用されたエンドソングとスコアを収録!アルバム 『ロン 僕のポンコツ・ボット オリジナル・サウンドトラック』

2021年10月22日より全国ロードショーされているハートウォーミング・アドベンチャー映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』

作中にて使用されているエンドソング2曲とヘンリー・ジャックマン氏によるスコアを収録したアルバム 『ロン 僕のポンコツ・ボット オリジナル・サウンドトラック』の配信がスタートしました☆

 

アルバム 『ロン 僕のポンコツ・ボット オリジナル・サウンドトラック』

 

アルバム 『ロン 僕のポンコツ・ボット オリジナル・サウンドトラック』

 

原題:RON’S GONE WRONG

リリース日:2021年10月15日(金)より配信中

監督:ジャン・フィリップ・ヴァイン、サラ・スミス

制作:ロックスミス・アニメーション

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

 

ハリウッド・レコードより配信がスタートしたアルバム 『ロン 僕のポンコツ・ボット オリジナル・サウンドトラック』

サウンドトラックには、エンドソングの2曲が収録されています。

リアム・ペイン氏による思わず踊り出したくなる爽やかなシングル「Sunshine」と、グラス・アニマルズのフロントマンであるデイヴ・ベイリー氏によるアップビートな「New Friends」、そしてヘンリー・ジャックマンによるスコアで構成。

作曲家のヘンリー・ジャックマン氏は、映画制作の過程で非常に協力的な役割を果たした。

共同監督/共同脚本/製作総指揮のサラ・スミス氏は

「ヘンリーとの仕事はとても楽しかったです。

彼は映画のアイデアや感情を非常によく理解していて、ストーリーのつながりについて話をすると、それをサポートするためのテーマやサウンドをどのように織り込むべきかを即座に理解してくれます。

つまり、本当に瞬時に、新しいスコアをその場で演奏し始めてしまうのです!

<Bボット>の物語をより盛り上げるために、彼がよく使うデジタル・サウンドの素晴らしいアイデアを持ってきてくれましたが、私は彼に典型的な“学園物”の雰囲気とオーケストラのようなスケール感に『E.T.』の感動を上乗せしてほしいとお願いしました。

ヘンリーは難解なチャレンジが大好きで、それを見事にクリアしてくれました。

そして何よりも、彼の音楽が波のように押し寄せてくる終盤のシーンを見ていると、物語の感情に彼の心と魂が注がれているのを感じます。

素晴らしいスコアです。」

と語ってくれています。

 

爽やかなシングル「Sunshine」と、アップビートな「New Friends」、ヘンリー・ジャックマン氏によるスコアを収録したアルバム。

映画 『ロン 僕のポンコツ・ボット』の楽曲を収録したオリジナル・サウンドトラックの紹介でした☆

ロン 僕のポンコツ・ボット メイン
公開目前、本編よりロンとバーニーの出会いのシーンが解禁!映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』

続きを見る

? 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

関連記事(外部サイト)