厚労省の副反応検討部会資料で見るワクチン接種後の「重症者」

厚労省の副反応検討部会資料で見るワクチン接種後の「重症者」

新型コロナウイルスの重症患者の治療に当たる医療従事者(C)共同通信社

 全国的な新型コロナウイルス感染の急拡大の中、ワクチン接種への同調圧力が高まっている。専門家は「接種するメリットの方がデメリットより多い」と言うが、接種のメリットばかりが強調され、ワクチンのデメリットについては詳細なデータを聞かされていない、と感じる人も多いのではないか。そこで厚労省が開催している、専門家によるワクチンの副反応検討合同部会に提出された資料(すでに紹介した接種後の死亡751事例を除く)を紹介したい。

 7月21日の副反応検討合同部会に提出した資料の中で、医療機関から報告された副反応疑い件数は、ファイザー社製(2月17日〜7月11日)1万7877件(うち重症報告2812件)、モデルナ社製(5月23日〜7月11日)404件(同46件)だった。ちなみに報告書に記載された同日までのワクチン接種推定回数はファイザー社製が5843万9259回、モデルナ社製は181万8033回。ファイザー社製の副反応疑い率は0.03%で重症率は0.0048%。一方モデルナ社製はそれぞれ0.022%と0.0025%となる計算だ。

■接種回数別副反応疑い

 1回目接種での副反応疑い件数はファイザー社製が9180件(うち重症者1966件)、モデルナ社製390件(同43件)。2回目接種ではファイザー社製8697件(同846件)、モデルナ社製14件(同3件)だった。

 なお、一般的にはどちらのワクチンも2回目接種の副反応が強いとされているが、今回データに反映されていないのは、推定接種回数がファイザー社製2228万7472回に対してモデルナ社製が36万7826回と差があるためだと考えられる。

■年齢・性別

 副反応疑いの報告総数1万8282件のうち男性は3975件(ファイザー社製3824件、モデルナ社製151件)。女性は14266件(同14015件、251件)と女性の報告が圧倒的に多かった。2848件の重症例でみると男性865件(同844件、21件)、女性は1987件(同1962件、25件)だった。

 副反応疑い報告件数の多い年代は、ファイザー社製@40〜49歳(4311件)、A30〜39歳(3434件)、B20〜29歳(2910件)、モデルナ社製@60〜69歳(88件)、A20〜29歳(87件)、B30〜39歳(55件)だった。

■症状別報告件数

 ファイザー社製は4万2013件の報告があり、「発熱」(6134件)、「倦怠感」(3980件)、「頭痛」(3608件)、「アナフィラキシー反応」(1743件)、「関節痛」(1519件)などが目立つ。モデルナ社製では642件の報告があり、「血管迷走神経反射(失神寸前の状態)」(99件)、「アナフィラキシー反応」(44件)が多かった。

■接種から発症までの日数別報告件数

 多い順に見ると、ファイザー社製では接種当日1825人、翌日125人、14日目40人、2日目34人、4日目27人、3日目24人となっている。モデルナ社製は当日51人、翌日3人、4日目・7日目各2人だった。

関連記事(外部サイト)