愛犬、愛猫と暮らす部屋・リビングのレイアウトのポイント

愛犬、愛猫と快適に暮らすなら、部屋・リビングのレイアウトで気を付けることは?

犬や猫など、ペットとの暮らしは毎日に癒やしを与えてくれます。愛犬・愛猫と暮らす部屋やリビングのレイアウト計画は、人間もペットも快適に過ごせるように考えたいもの。
ペットと暮らす部屋・リビングの環境はどう整えると良いのか、部屋づくりのポイントと、室内でペットを飼うときに便利なアイテムを紹介します。

犬や猫、室内飼いする部屋づくりのポイント
落ち着いてできるところを探して

まず最初に、トイレのしつけはがんばって

犬や猫を室内飼いする場合、まずは大切なのがトイレの対策。ペットのにおい対策にもなるので、トイレのしつけはペットとの部屋づくりの基本です。
リビングなどの共用部にトイレを置く場合は、犬や猫が落ち着いて排泄できる場所を確保することがポイントです。
トイレのしつけをするとともに、掃除もこまめにできるようにレイアウト。また、必要に応じて、においをケアするアイテムを使うといいでしょう。


サークルやケージで仕切って テリトリーを守るレイアウト

犬や猫を室内で飼う場合は、ペットのパーソナルスペースも意識して、サークルやケージで仕切りながら、レイアウトを考えましょう。
安心して眠る場所、トイレをする場所、遊ぶ場所と3つの場所を分けるとペットの安心につながります。特にトイレと睡眠の場所は、ペットのテリトリーを守るレイアウトを考えます。
部屋が狭いと難しい、と思われるかもしれませんが、実はそうでもありません。丸くなって寝たり、トイレをするのにちょうどいいサイズなど、少し狭いぐらいのほうが落ち着いて過ごせることもあるようで

続きは 『大人の暮らし新常識』 で。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?