お立ち台だけがバブルじゃない! 甘粕りり子が描く「うたかたの時代」

ボディコンスーツに身を包み、ディスコのお立ち台の上で扇をはためかしながら踊る女性たち。「バブル」といえば、つい最近も流行った「バブリーダンス」のイメージそのものだ。

しかし当時を生きた人たちにとって、あの熱狂は、そんなステレオタイプなイメージで一括りにできるものではない。6月23日に発売された『バブル、盆に返らず』(光文社)は、「バブルカルチャーの真打ち」こと甘糟りり子さんのエッセイだ。

book_20210623145121.jpg

画像は、『バブル、盆に返らず』(光文社)

都会の真ん中でトレンドの渦中にいた甘糟さんは、当時を振り返り「1990年の私に、顔パスで入れないディスコはなかった」と語る。

そんな甘糟さんが、1980年代からバブル終息までを「ひとつのカルチャー」として捉え、あえて飾らずに愚かしさをそのままに描いた。リアルで生々しい本書は、バブルを経験した人々だけでなく、生まれてこのかた「景気の良さ」なんてものを肌で感じたことのない若い世代にも楽しめる。

本書のカバーを担当したのは、気鋭の若手アーティスト、ロビンソン愛子さん。彼女の描く現代春画も時代をよく表している。

甘糟さんは、1964年横浜生まれ。玉川大学卒業後、アパレル会社勤務を経て文筆業の道に。クルマ、レストラン、ファッションなどをテーマに「都会のきらめき」をモチーフにした小説やコラムが人気だ。著書には、『エストロゲン』(小学館文庫)、『産む、産まない、産めない』『産まなくても、産めなくても』(ともに講談社文庫)、『鎌倉の家』(河出書房新社)、『鎌倉だから、おいしい。』(集英社)などがある。

book_20210623145140.jpg

画像は、1985年頃の甘糟りり子さん

目次は下記の通りである。

ウォーターフロントのTバック/マハラジャのVIPルームから真夏の夜の逗子マリーナ/「バー鍵」と「スペアキー」ラブホテル二大ブランド/チャイナタウン・パフェお立ち台が産まれた夜/苗場プリンス、銀世界流行の廃棄処分/トゥーリア六本木プリンスとホテル西洋銀座/昭和天皇が亡くなられた日横浜ディスコテーク/SEX AND THE XMAS家電 留守電 携帯電話/アース・ウインド&パーコー麺環八イエスタデイ/六本木WAVEアルファ・キュービック/西麻布ザ・ウォール君の瞳に恋してる/デセール・リリコ中山競馬場のオグリキャップ/ベイブリッジとレインボーブリッジプワゾン/東京いい店やれる店笄櫻泉堂/芝浦GOLD陸(おか)サーファーと関越自動車道/レストランで常連になる方法ボジョレー・ヌーボーと日本人/『an・an』と『JJ』ヤンエグどもが、夢の跡/六本木ヒルズ

マハラジャ、苗場プリンス、陸サーファーに「君の瞳に恋してる」......あんなに熱狂したのが、今となってはうたかたの夢。あの時代には、もう二度と戻れない。まさに「バブル、盆に返らず」だ。

※画像提供:光文社

(BOOKウォッチ編集部)

関連記事(外部サイト)