70にしてPOP、何が悪い! 桃井かおりの「食卓の記録」

ロサンゼルスを拠点に活動する女優の桃井かおりさん。生活感がなく、ミステリアスな雰囲気が魅力だが、いま、そんな桃井さんがステイホームの食卓を毎日欠かさず発信しているInstagramが注目されている。

book_20210719111714.jpg

2021年7月19日『かおり的家ご飯』(KADOKAWA)が発売された。Instagramに掲載されている桃井さんの食卓の様子が1冊にまとめられている。

book_20210719111731.jpg

book_20210719111748.jpg

本書には、Instagramでは未公開のレシピやインテリア、食器などもたっぷりと紹介されている。今年70歳。古希の節目を迎える桃井さん。それでも「70にしてPOP、何が悪い!」と元気と勇気をもらえるかおり節は健在だ。

book_20210719111808.jpg

book_20210719111822.jpg

 コンテンツは以下の通り。

「#世界飯」「#レタス食べきり」「# LAで和食」「#死ぬまで元気!」「#庭育ち」「#Xmasじゃないの」「#器の話」「#お正月だもの」「#桃井BAR」「# More Kaori 」「東京暮らし」「山暮らし」「LA LA LANDな日。」*巻末「桃井かおりのスゴROCK with 清水ミチコと椿鬼奴」 つき

 「#世界飯」では、花山椒いっぱいの激辛麻婆豆腐に春巻き、おこわ、ヨモギの胡麻和えと盛りだくさんの中華料理や、鶏ガラとナンプラーのスープに自宅でとれたバジルや生野菜を加えたフォーなど、本格的な料理の数々が掲載されており、桃井さんの多才ぶりに改めて驚かされる。ご本人のコメントも面白い。

カラフルな料理がおいしそう。ステイホーム中でも自分らしく生き生きとパワフルに生活する様子は、あこがれの存在だ。こんな時だからこそ読みたい元気の出る1冊。

※画像提供:KADOKAWA

(BOOKウォッチ編集部)

関連記事(外部サイト)