【これ、付録です!】カメラ型で斬新。ミッキーの3wayハンディ扇風機

フィルムカメラのような可愛いフォルムをしたミッキーマウスのハンディ扇風機が「MonoMaster9月号」(宝島社)の特別付録に登場した。

book_20210726152924.jpg

画像は、MICKEY MOUSE デザイン 首掛け・卓上・手持ちで使える 3WAYハンディ扇風機(撮影:BOOKウォッチ編集部 以下同)

さらに暑くなるこれからの時期、一人一つは、ハンディの扇風機を持っておきたいものだ。そこでオススメしたいのは、MICKEY MOUSE デザイン 首掛け・卓上・手持ちの 3WAYハンディ扇風機である。本アイテムは、黒を基調としたフィルムカメラのようなクールなデザインが個性的だ。性別を気にせず使えるのが嬉しい。

book_20210726152942.jpg

ファンは360度自由自在

さらに、その名の通り3wayの使い方があるのもポイントだ。

まずは、移動中を快適に過ごすための「首かけ仕様」。ファンの位置は360度自在に調整可能なので、付属のネックストラップをつければハンズフリーで下から風を当てることができる。

book_20210726153005.jpg

ネックストラップの長さも調整可能

そして、首元など汗ばみやすい箇所にダイレクトに風を送れる「手持ち仕様」。

最後に「卓上仕様」だ。 寝室や書斎に置くのも良いが、オフィスに置いても悪目立ちのしないデザインなので、デスクに置いて作業効率を上げるのもオススメ。

付属のUSBケーブルでパソコンにつないで快適なオフィスワークに役立てよう。

book_20210726153352.jpg

オフィスワークにも

??お気に入りビールはお気に入りの一脚で。

美味しそうなビールと、私たちが座るのを待ってくれているような赤いチェアの表紙が印象的な「MonoMaster9月号」(宝島社)が7月26日に発売された。

特集は、「お気に入りの一杯を、心地よい一脚で味わう クラフトビールとチェア」である。

Edit1 BEER識者に教わるクラフトビールの新潮流とは。東京 板橋・十条へ 若きブルワリーたちが紡ぐクラフトの絆。知ればもっと美味しくなる!クラフトビールの基礎知識。旬のクラフトビールお取り寄せガイド。「タップ&ゴー」でより新鮮に!ビールもテイクアウトするのがトレンド。話題の新商品から人気のサブスクまで ニュースなビール。クリエイターたちが自宅で寛ぐ ビールとチェアが織りなす特別な時間。Edit2 CHAIRプロが考える「自分に合った椅子」との出合い方とは。東京 武蔵村山の「現代の名工」を訪ねる。10脚で知る世界の名作チェア。シーンレスなチェアとは?セレクトショップが答える「1問1脚」。屋外ライフを満喫できる折りたたみチェア。

自粛が続く今だからこそクラフトビールは、お気に入りのMy Chair とともにお家で楽しむ時代。全国で続々と登場する地域性豊かなブルワリーの味わいを、お取り寄せやテイクアウト、サブスクを使って愉しもう。

これからも進化を続けるクラフトビールから目が離せない。

book_20210726153051.jpg

画像は、「MonoMaster9月号」(宝島社)

※撮影:BOOKウォッチ編集部

(BOOKウォッチ編集部)

関連記事(外部サイト)