漫画読みなら必読。「僕は兄になりたかった」で話題の瀬川環、初の作品集

 漫画家・瀬川環さんの初の作品集『三文小説集 瀬川環作品集』(KADOKAWA)が8月6日、発売された。

画像は『三文小説集 瀬川環作品集』(KADOKAWA)

画像は『三文小説集 瀬川環作品集』(KADOKAWA)

 瀬川環さんは、Twitterやnoteなどを中心に漫画を発表している漫画家。人の感情や衝動をドラマチックに描くことに定評がある。1000万PVを達成する作品もあるほどの人気を誇り、第73回ちばてつや賞では奨励賞を受賞した。

 今回発売された作品集には、瀬川さんがこれまで発表した4作品を掲載。ちばてつや賞の奨励賞受賞作『僕は兄になりたかった』のほか、男女の不可思議な関係を描く「野犬シリーズ」を収録している。

 『僕は兄になりたかった』は、引きこもりの弟とお人好しの兄の関係を描く作品。弟の書いた小説が出版されたことを境に徐々に関係が変化し始め――、というストーリー。

画像は「僕は兄になりたかった」中面@(提供:KADOKAWA)

画像は「僕は兄になりたかった」中面@(提供:KADOKAWA)

画像は「僕は兄になりたかった」中面A(提供:KADOKAWA)

画像は「僕は兄になりたかった」中面A(提供:KADOKAWA)

 「野犬シリーズ」は、父親の行動によって心の傷を負った青年と小説家の女との関係を描く3部作。青年の過去が女によって小説にされたことをきっかけに、2人は不可思議な同棲生活を始める。

画像は「野犬夜曲 ろくでもない犬の唄」中面@(提供:KADOKAWA)

画像は「野犬夜曲 ろくでもない犬の唄」中面@(提供:KADOKAWA)

画像は「野犬夜曲 ろくでもない犬の唄」中面A(提供:KADOKAWA)

画像は「野犬夜曲 ろくでもない犬の唄」中面A(提供:KADOKAWA)

画像は「野犬夜曲 ろくでもない犬の唄」中面B(提供:KADOKAWA)

画像は「野犬夜曲 ろくでもない犬の唄」中面B(提供:KADOKAWA)

画像は「野犬夜曲 ろくでもない犬の唄」中面C(提供:KADOKAWA)

画像は「野犬夜曲 ろくでもない犬の唄」中面C(提供:KADOKAWA)

 作品集の発売にあたり、短編漫画集『超訳百人一首 うた恋い。』の作者・杉田圭さんが、推薦コメントとイラストを寄稿した。「三文とは名ばかり! 低俗にして高尚――」と、絶賛のコメントをしている。

※画像提供:KADOKAWA(BOOKウォッチ編集部)

関連記事(外部サイト)