【これ、付録です!】スヌーピーのドッグハウス収納ボックスが可愛すぎる!何入れたい?

小物を収納するのにぴったりな「スヌーピーのドッグハウス収納ボックス」が「steady. 12月号」(宝島社)の特別付録に登場した。

book_20211108132911.jpg

サイズは(約)高さ17.5×幅17.5×奥行17.5cmと、通常の収納BOXよりは少し小さめかも。そのぶん、マスクや除菌スプレーなどの感染対策グッズをまとめて入れるのにちょうどいい大きさである。

book_20211108132927.jpg

中の様子

また食材やお菓子などを入れてキッチンの棚に置いておくのも楽しい。ちなみにペットボトルの場合だと300mlが6本入る大きさである。

本アイテムの注目すべき点は、なんといっても4面それぞれが違うアートがプリントされていること。スヌーピーとウッドストック、チャーリー・ブラウンとサリー、ドッグハウスの入り口と、その反対側にはウッドストックと仲間たち。どの面を正面にしても、その可愛さにやられてしまうことだろう。

book_20211108132943.jpg

book_20211108132955.jpg

book_20211108133008.jpg

あなたはどの面がお気に入り?

さらに取り外しのできるフタ部分も、ドッグハウスの屋根を模したデザインとなっているのもお洒落。使わないときは、畳んでコンパクトにしまっておこう。

book_20211108133024.jpg

折りたたんでコンパクトに

お部屋全体に遊びゴコロを添えてくれる「スヌーピーのドッグハウス収納ボックス」をゲットして、細かいアイテムをキュートに収納しよう。

??今年の主役は、派手可愛なコートたち。

ドラマや映画、雑誌などで見かけない日はない、と言っても過言ではない永野芽郁さんが表紙を飾る「steady. 12月号」(宝島社)。特集は、「令和OL1000人アンケートで分かった!新時代の働く大人女子リアル実態調査!」である。

他にも下記特集は必見だ。

ハロプロ3姉妹登場!身長別コート&テイスト別ブーツヘアメイクGeorge&paku☆chanがレクチャー 誰でも作れる ツヤ&マットな中間肌顔まわりを華やかにするテクを伝授 ニット&アクセのおしゃれルール正しい睡眠が明日のキレイと元気をサポート ヘルシー美人の睡眠講座

実は「steady. 」初登場となる永野芽郁さんが、誌面では「派手可愛コート」の主役コーデにトライ。フレッシュであどけない表情から、ちょっぴり大人な表現まで、振り幅が大きいのも彼女の魅力だ。

インタビューでは、現在公開中の主演映画『そして、バトンは渡された』への思いや、最近のブームについて語っている。自分に対して「不甲斐ない」と感じることがあっても、上手くなるための努力と時間も必要と割り切り、日々の鍛錬を怠らない。本誌では、そんな等身大の永野さんがたっぷり見られる。

book_20211108133042.jpg

※撮影:BOOKウォッチ編集部

(BOOKウォッチ編集部)

関連記事(外部サイト)