1年の疲れをほぐしてくれる、スヌーピー本3選。

 2022年は、スヌーピーの作者チャールズ・M・シュルツ氏生誕100周年。

 スヌーピー公式サイトによると、シュルツ氏は1997年に75歳の誕生日プレゼントとして取った5週間の休暇以外、亡くなる直前の断筆宣言まで1日も休まず、17897日分のコミックを描き続けたという。それもアシスタントをつけることなく、たったひとりで。

 コミック「ピーナッツ」の連載は、1950年10月にアメリカの新聞7紙でスタートした。今では75ヵ国、21言語、2200紙で連載されているという。

 人々を惹きつけてやまないスヌーピー。この1年の疲れをほぐしてくれる、とっておきのスヌーピー本3選を紹介しよう。

??スヌーピーは「読む坐禅」

『心をととのえるスヌーピー 悩みが消えていく禅の言葉』(チャールズ・M・シュルツ 著、谷川 俊太郎 訳、枡野 俊明 監修)

book_20211224001039.jpg

『心をととのえるスヌーピー 悩みが消えていく禅の言葉』(光文社)

 本書は禅で「ピーナッツ」の世界を読み解いていく1冊。

 じつは、スヌーピーは「読む坐禅」。「今を大切に」「人と比べない」「のんびりでいい」「貴重なひとりの時間」「自分のペースで頑張ろう」「思いやりを持つ」......。「ピーナッツ」の世界は禅に通じ、登場するキャラクターたちのセリフにも禅語と重なる部分が多く見られるという。

「主人公」(しゅじんこう)「いついかなるときも本来の自己でいる」という意の禅語。瑞巌和尚は、毎日、自身に向かって「主人公」と呼びかけていた。

book_20211224001138.jpg

「わたし」を連呼するルーシー(画像提供:光文社)

「勢不可使尽」(いきおいつかいつくすべからず)ノリノリのときこそ、状況を慎重に見て行動せよ、という法演禅師の禅語。ウッドストックの様子には、この禅語がぴったり。

book_20211224001217.jpg

危険に陥るウッドストック(画像提供:光文社)

??「ピーナッツ」愛あふれる永久保存版

『ペンブックス みんなのスヌーピー』(ペン編集部 編)

book_20211224001313.jpg

『ペンブックス みんなのスヌーピー』(CCCメディアハウス)

 シュルツ氏が50年にわたり毎日コツコツと描き続けた「ピーナッツ」。

 スポーツが得意で空想好きなビーグル犬のスヌーピー、赤毛の女の子に恋する飼い主のチャーリー・ブラウン......。個性豊かなキャラクターたちの何気ない日常を描きながら、人間の真理を鋭く突く。

 本書は「ピーナッツ」愛あふれる永久保存版。「スヌーピーの原点を探る。」「3つのテーマで読み解く、シュルツの視点。」「ピーナッツの歴史とこれから。」「スヌーピーに会いに行く。」「クリエイターたちを惹きつけるスヌーピーの引力の正体。」の角度から、その奥深い世界へと案内する。

??自分や大切な誰かに贈りたい

『心がスッと軽くなる英語フレーズ with スヌーピー』(チャールズ・M・シュルツ 原作、山田 暢彦 訳)

book_20211224001436.jpg

『心がスッと軽くなる英語フレーズ with スヌーピー』(学研プラス)

 本書は「ピーナッツ」から「自分や大切な誰かに贈りたい80のことば」を厳選した1冊。

 まず、ページの表面でイラストを眺めながら英語フレーズを読む。このイラストとフレーズの組み合わせは何を言いたいのだろう? と思いながら裏面へ。フレーズの解説とフレーズを引用したコミックの解説を読み、そういうことか! と理解が深まる。

book_20211224001523.jpg

左はフレーズページ(表面)。右は解説ページ(裏面)。(画像提供:学研プラス)

 本書はもちろん普通の本としても楽しめるが、全ページ「切り取って使える」のがポイント。お気に入りのフレーズを目につくところに貼ったり、メッセージカードとして贈り物に添えたり、デスクに置いたり、使い方は自由。

book_20211224001557.jpg

そのままでも(画像提供:学研プラス)

book_20211224001625.jpg

贈るのも贈られるのもいい(画像提供:学研プラス)

book_20211224001653.jpg

フレームに入れても(画像提供:学研プラス)

book_20211224001720.jpg

切り取れるメモページ付き(画像提供:学研プラス)

book_20211224001753.jpg

「ピーナッツ」の名言で英語フレーズを学ぶ(画像提供:学研プラス)

 自分だけでなく、大切な誰かに贈りたいことばが見つかる本。このコンセプトからして、かたまっていた心がスッと軽くなる。1年のしめくくりにおすすめしたい。

※画像提供:光文社、CCCメディアハウス、学研プラス

(BOOKウォッチ編集部 Yukako)

関連記事(外部サイト)