まさかの1100円!頭皮ほぐれるジョンマスターオーガニックの音波振動ブラシ

 絡んだ髪をするっとほぐし、艶やかでまとまりのよい髪になると口コミで人気の音波振動ヘアブラシ。ネットショップでは3000円前後から5000円代のものがランキング上位に入っているが、なかには9000円近くするものも。

 そんな音波振動ヘアブラシが、なんと1100円で手に入る。宝島社の女性誌「&ROSY」と、あのジョンマスターオーガニックがコラボしてつくったスペシャルな付録だ。

全長24p、ブラシ部分の幅は広いところが7.5pと、かなり存在感がある。

ジョンマスターオーガニックのパドルブラシのデザインを踏襲。ワンポイントのロゴがおしゃれ。

 自然素材で健やかな髪と頭皮へと導くジョンマスターオーガニックのヘアケアライン。シャンプーやトリートメントはもちろん、ヘアブラシの愛用者も多い。今回の電動ブラシにも、そのノウハウが凝縮されている。

book_20211229160522.jpg

中央上部には空気穴が開いている。ピンが抜けているわけではない。

 ブラシ部分はクッション性があり、頭皮マッサージにも◎。静電気抑制効果がある生地が使用されている。ブラシピンの先が球形になっていて、ほどよい刺激が気持ちいい。

book_20211229155615.jpg

全長24p、ブラシ部分の幅は広いところが7.5pとかなり存在感がある。ピンの長さは16o。

 使用する時には、単4電池2本が必要だ(付録にはついていない)。柄の裏側の蓋を外して、簡単に入れ替えができる。

 電池を入れたら、ブラシの下のボタンを押してスイッチオン! 振動回数は1分間に約4500回。見た目にはわかりづらいが、頭皮にあてるとブルブルと細かい振動が伝わってくる。

 

 さっそく、本誌に掲載されているおすすめの使いかたにならって使用してみた。

STEP1 毛先から優しくブラッシングする。

毛先の絡まりをほぐし、摩擦を防ぐ。

毛先の絡まりをほぐし、摩擦を防ぐ。

STEP2 前頭部の生え際から頭頂部の百会(ひゃくえ)というツボを、イタ気持ちいいくらいの強さでブラッシング。ブラシピンを頭皮にしっかり当てるのがポイント。

STEP3 側頭部の耳の横から頭頂部の百会に向かって引き上げるように、左右行う。

目の疲れが気になる人は、側頭部をしっかりほぐすと〇。

目の疲れが気になる人は、側頭部をしっかりほぐすと〇。

STEP4 襟足から後頭部へブラッシング。

肩や首が凝っている人は後頭部を念入りに。

肩や首が凝っている人は後頭部を念入りに。

STEP5 オデコの生え際から頭頂部の百会に向かって、ジグザグと動かしながら頭皮をほぐす。

STEP6 最後に、紫外線を受けて硬くなりやすい頭頂部、百会のあたりにポンポンと刺激をあたえて終了。

クッションが気持ちいい♪

クッションが気持ちいい♪

 ピンの硬さも振動の強さもまさに絶妙! 思っていた以上に気持ちがよくて、いつまでもブラッシングしていたくなる。静電気で髪がブラシにくっつくこともなく、さらさらとまとまりのあるスタイルに仕上がった。

 美容院に行くたび「頭皮が硬くなっていますね」と指摘されるのだが、このブラシで毎日ブラッシングしていれば、カッチコチの頭皮もやわらかくなりそう。これで1100円はお値打ちだ。自信を持ってお勧めしたい。

??「大人のベストコスメ」注目はアイケア・アイメイク

 本誌の特集は、「総勢342人が選んだ大人のベストコスメ」。読者のリアルな推しコスメ、SNSで活躍中の美人「ロージーグラマー」のヒットコスメ、ベテラン美容編集者が選んだ使える優秀コスメの3つのパートで、それぞれがおススメのコスメを紹介している。

 基礎化粧品からコスメ、ヘアケア、デリケートゾーンのケアグッズやルームフレグランスにいたるまで、プチプラも高級化粧品も盛りだくさんだが、とくに気になったのは、マスク時代に注目が集まったアイコスメ・アイケア化粧品だ。

book_20211229160405.jpg

 美容エディターが勧めるまつげ美容液は、「FTC FFアイラッシュセラム クリスタリュクス」。加齢とともに弱ってきたまつ毛にハリを与えてくれる。

 アイライナーでは、UNMIXの「アイラッシュライナー02」がおススメ。濃すぎない半透明な発色のジェルでまつ毛の間を埋めることで、まつ毛が増えたかのように見せ、目元を印象的にしてくれる。

 目元専用シートは、AXXIAの「ビューティーアイズ エッセンスシート プレミアム」。目の下だけでなく、上まぶたから頬の三角ゾーンまでケアできるユニークなシートだ。

 ほかにも、使ってみたい大人のコスメ情報が満載。新しい年はお肌もメイクもアップデートして、マスクを外して過ごせる日常に向けて、準備をしておきたい。

※撮影:BOOKウォッチ編集部

(BOOKウォッチ編集部)

関連記事(外部サイト)