BTSジミンがシェアした桂冠詩人ドナルド・ホールのエッセイ集、邦訳版がいよいよ発売!

 人気K-POPグループBTSのジミンさんが注目したことで話題となった、桂冠詩人ドナルド・ホールのエッセイ集の邦訳『死ぬより老いるのが心配だ 80を過ぎた詩人のエッセイ』(辰巳出版)が2月7日に発売される。

 ジミンさんが、2020年にリリースされたアルバム「BE」のコンセプト会議のなかで、「自身のSo What(BTS の曲名)を考えてみた」として語ったことで話題となった本書。邦訳出版の情報解禁後に予約が殺到、発売前増刷が決定したという。

book_20220203121938.jpg

『死ぬより老いるのが心配だ 80を過ぎた詩人のエッセイ』(辰巳出版)

 ジミンさんは本書を読んで「年を取ったとか若いとか、年齢に基準を置かないで」というメッセージが込められているとシェア。するとARMY(BTSファンの名称)を中心に「今を楽しみ、現在を充実させよう、という本書のメッセージが心に響いた」「私にぴったりの本」との前向きな声が溢れた。

 ちなみに「桂冠詩人」とは、イギリス王室から最高の地位の詩人に与えられる称号のことだ。

??「今」を自分らしく生きていく方法

 本書は、2018年に89歳でこの世を去ったドナルド・ホールさんが、自身の老いや暮らし、死について滔々と語ったもの。彼曰く、「老いは未知で、予期できない銀河系でありつづけるが、人生は依然として自分のもので、そしてそれは続いていく。その人生もまた輝いて"美しい"」。

 誰もが必ず迎える「死」、そして年齢を重ねるにつれて実感する「年を取ること」。つい目を背けてしまいがちだが、ありのままを見つめる桂冠詩人のまなざしは、今を自分らしく生きる術をさりげなく伝えてくれる。

 目次は次の通りである。

窓辺から80 を過ぎた詩人のエッセイ奇妙なくらいに楽しい一本の道を行く朗読会での「サンキュー、サンキュー」わたしがはやした三度のヒゲみんな煙草を喫っていたワシントン D.C.の雪男運動オンチのエクササイズ博士と呼ばれたって死について2、3思うこと採用と不採用の狭間でドアのない家おわりに訳者より

■著者のドナルド・ホールさんプロフィール

1928年9月20日‐2018年6月23日。アメリカの詩人、作家、編集者、文芸評論家。児童文学、伝記、回想録、エッセイなど、22の詩集を含む50冊以上の著作がある。フィリップ・スエクセター・アカデミー、ハーバード、オックスフォードを卒業。2006年、米国議会図書館の第14代桂冠詩人コンサルタントに任命される。1980年のコールデコット・メダルを受賞した絵本「にぐるまひいて」(ほるぷ出版)の原作者でもある。

■訳者の田村義進さんプロフィール

英米文学翻訳家。訳書にキング『書くことについて』(小学館文庫)、カッゲ『静寂とは』(辰巳出版)、クリスティー『メソポタミアの殺人 新訳版』(ハヤカワ文庫)、 ムカジー『マハラジャの葬列』(ハヤカワ・ミステリ)ほか多数。

※画像提供:辰巳出版

(BOOKウォッチ編集部)

関連記事(外部サイト)