これが60歳の肉体?! TRFのSAM、若さ保つには「まず股関節を鍛えて」

TRFのSAMさんは60歳を迎えた現役ダンサーだ。引き締まった身体で、キレのあるダンスを披露し続けられる秘密には、ジェロントロジー(加齢学)で学んだ知識と健康メソッドの実践があるという。

book_20220328150740.jpg

そんなSAMさんが、自身が学んだ知識をまとめた一冊、『いつまでも動ける。』(クロスメディアグループ株式会社)が4月1日に発売される。

SAMさんが、年齢による衰えを感じたときに出合った「ジェロントロジー(加齢学)」は、健康づくりをはじめ、医療や福祉制度、街づくりなど、高齢化する社会全体を考える学問だ。

book_20220328150759.jpg

還暦を目前に米国の南カリフォルニア大学デイビスクールでジェロントロジーを専攻し、修士号を修得したSAMさん。「"年をとることをポジティブに捉えられる学問"であるジェロントロジーを知ってほしい」と語る。本書では、SAMさんが自身の生活に取り入れている健康法のポイントが紹介されている。

book_20220328150821.jpg

本書のポイントは大きく3つ。

バランスよく手に入れる心、体、見た目の若さ

「いつまでも若くいたい」そう願う方たちに向け、ジェロントロジーの科学的根拠を使って、SAMさん自身の「若さ」の秘訣を明かす。「実践ファースト」でまずは実践し体感してから知識を得る、という構成となっている。

体の中で一番大事にすべきなのは、実は「股関節」

人間の動きは股関節まわりの筋肉が肝。すべての筋肉を鍛えることが難しい人は、まず股関節まわりを鍛えることがおすすめだ。本書では、3つの股関節に効くトレーニングを掲載。

また、読者特典として、SAMさんが実演するトレーニング動画もチェック可能だ。

ジェロントロジーで180度変わる日本の超高齢社会

一人ひとりが、ジェロントロジーで社会をとらえ、実践することで、より充実や生きがいを長く感じられる社会となる。人はひとりでいるよりコミュニティのなかで生きるほうが健康を維持できるといわれている。本書では、SAMさんが取り組むダンス普及活動「ダレデモダンス」の実例を中心に、コミュニティの活用方法も紹介していく。

本書の構成は以下の通り。

はじめに 60 歳のいまが一番、心も体も自分史上最高序章 いつまでも「自分史上最高」でいるために<第1部 実践編>第1章 運動第2章 食事第3章 睡眠第4章 コミュニティ<第2部 知識編>第5章 ジェロントロジーの哲学第6章 人間が年をとる理由第7章 ジェロントロジーで社会を見るおわりに

■SAM(サム)さんプロフィール

book_20220328150848.jpg

ダンサー、ダンスクリエイター、ジェロントロジスト、美齢学指導員

南カリフォルニア大学デイビススクール ジェロントロジー学科通信教育課程修了。

1993年、TRFのメンバーとしてメジャーデビュー。コンサートのステージ構成・演出をはじめ、多数のアーティストの振付、プロデュースを行い、ダンスクリエイターとして活躍中。

2018年に行われた日産スタジアムでの東方神起ライブは、史上初3日連続計22万人を動員。総合演出で観客を魅了する。近年は、多くのダンサーオーディションを手がけ、自ら主宰するダンススタジオ「SOUL AND MOTION」でもレッスンを行っている。2016年には一般社団法人ダレデモダンスを設立、代表理事に就任。誰もがダンスに親しみやすい環境を創出し、子供からシニアまで幅広い年代へのダンスの普及と、質の高い指導者の育成、ダンサーの活躍の場の拡大を目指す活動を行っている。最近では、能楽の舞台にダンサーとして初めて出演した。

※画像提供:クロスメディアグループ株式会社

(BOOKウォッチ編集部)

関連記事(外部サイト)