お帰り〜!『学研の科学』が7月に復刊。実験キットは「水素エネルギーロケット」

復刊第1号の付録はまさかの「水素エネルギーロケット」。実験キット付き科学書籍『学研の科学』(学研プラス)に創刊号の予約が開始された。発売は7月7日を予定している。

book_20220404152206.jpg

「学研の科学」(学研プラス)

??子どもたちに良質な学びや教育を 創刊の理念に立ち返る

1963〜2010年にわたり刊行された、付録付き学年誌「1年〜6年の科学」(学研プラス)では、カメラ、顕微鏡、生き物飼育など、さまざまな観点から科学の体験のできる実験教材を開発してきた。自分で付録を組み立てることで、夢中になれた実験や生物の観察も驚きと発見に満ちていたはず。あれから10年以上の年月を経て、休刊に至った経緯と原因を見つめ直し、科学の本質に迫るパワーを再び宿すために試行錯誤した編集部。

2022年7月7日、子どもたちが自身の力で考え発見して、価値を見つけるための科学教材として『学研の科学』は復刊する。

book_20220404152230.jpg

??子どもたちが夢中になるほんものの科学体験を届けたい

新しい『学研の科学』は、実験キット、本誌、学習まんが「ひみつシリーズ」に加えて、オンラインコミュニティである「学研の科学 あそぶんだ研究所」でのワークショップやイベントがセットに。子どもたちが夢中になるほんものの科学体験を届けることをめざした。

本書の主役は、学研の教材開発ノウハウを注ぎ込んだ科学キットだ。創刊号は、水素エネルギーロケット。「電池を使わずに手回しで発電し、水を電気分解してつくった水素を爆発させて飛ばすロケット」だ。ちなみに爆破範囲は、発射管の中だけなので、安心しておうちで飛ばすことができる。

book_20220404152253.jpg

水素エネルギーロケット

【セット内容】・実験キット(組み立て)・オンラインコミュニティ 「学研の科学 あそぶんだ研究所」・本誌(74ページ)・学習まんが ひみつシリーズ

book_20220404152314.jpg

book_20220404152335.jpg

??オンラインコミュニティ「学研の科学 あそぶんだ研究所」を開設

「学研の科学 あそぶんだ研究所」は、読者と編集部が一緒になり、科学で遊び尽くすオンラインコミュニティサイト。おうちからワークショップやイベントに参加したり、不思議に思ったことを編集部に質問したり、ここでしかできないオンライン体験をたくさん盛り込んでいる。

book_20220404152356.png

オンラインコミュニティ「学研の科学 あそぶんだ研究所」

 

??創刊号のテーマは「水素エネルギー」と「宇宙」

また誌面のテーマとなったのは「水素エネルギー」と「宇宙」だ。本物のロケットの飛ぶ原理や宇宙飛行士若田光一さんのインタビューの他にも、キットを楽しむ遊びや実験を多数紹介している。子どもの探究心、考える力、未来への夢を育みたいと編集部は願っている。

book_20220404152419.jpg

ほかにも、学校や図書館で大人気の学習まんが『ひみつシリーズ』がまるごと1冊付いてくる。夏休みにじっくり取り組める『学研の科学 水素エネルギーロケット』は、ショップ学研+やオンライン書店で予約受付中だ。

※画像提供:学研プラス

(BOOKウォッチ編集部)

関連記事(外部サイト)