アラフォー以上は7割超?! セックスレスに悩む妻が封印すべき「萎え言葉」とは

 「家庭は円満。でも寂しい。レス夫婦になって7年。私、このまま枯れてくの...?」

 本書『「君とはもうできない」と言われまして』(株式会社KADOKAWA)の表紙を見て、ハッとした人も多いのでは。自分が人知れず悩んできたことがタイトルになっている、と。

 監修者の三松真由美(みまつ まゆみ)さんによると、いまや47%を超える夫婦がセックスレスとする調査結果もあり、アラフォー以上になると7割を超えるのではないかという。本書は実際にあった相談をもとに、モチさんが漫画化したもの。

 BOOKウォッチでは、4月8日より本書の試し読みをスタート。今回はその直前に、本書のあらすじをお届けする。

 「拒否されたと感じた時点で、『オンナ(オトコ)失格?』と言われたような気持になり、ふたりの関係に(ピキッ)と小さなヒビが入ります。それを3年、5年、『まあ、いつかは』と思いながら放置するといつの間にか10年経過。そうなると、もはや修復不能となっていきます」

◼️レスに悩む妻。淡白な夫。

 妻・律子(35)は、セックスレスに悩む兼業主婦。娘(7)がひとり部屋で寝られるようになったのを機に、「したい...な」と夫を誘う。ところが、「律子とは そういう気になれないんだ」と拒否される。

 夫・圭一郎(37)は、大手企業の営業職。ブラックな働き方を強いられており、起業を考えているが妻には言い出せない。優しいが気弱で、性にはかなり淡白。

 夫の拒否に悩む妻。妻の拒否に悩む夫。どちらかの「その気になれない」から始まる、セックスレス。

book_20220405130313.jpg

 勇気を振りしぼって誘ったのに、目の前でガラガラガラとシャッターを下ろされ、ひとりぽつんと取り残される。そのときの虚しさ、寂しさ、恥ずかしさ、悔しさと言ったら......。1度でも味わったことのある人は、律子の痛みが手にとるようにわかるだろう。

◼️愛されてる実感がほしい

 律子は産後、仕事をセーブしてきたため会社からは期待されていない。夫からはセックスを拒否される。何も知らない義母からは「ふたり目は?」「律子さんももう若くないんだし」とせっつかれる。なかなかストレスフルな環境である。

book_20220405130335.jpg

 そんなある日、中学の同級生・美保とPTAで再会する。

 恥じらいつつ、夫とセックスレスで悩んでいることを打ち明けた。すると、美保も夫から「お前のことは女として見れない」と言われたことがあり、現在不倫中だという。「...律っちゃんも 満たされないなら 外で恋愛してみるのもアリだと思うよ」

 「色々不満はあるけど まだ圭ちゃんが好き だから... 圭ちゃんに愛されてる実感がほしい うん... その気にならないなら その気にさせてやろうじゃないの!!」

book_20220405130356.jpg

 誘っても誘っても、その気になってくれない圭一郎にモヤモヤする日々。圭一郎の浮気疑惑が浮上したり、律子があわやPTA不倫に巻き込まれそうになったりする事件も。てんやわんやの果てに、夫婦は歩みよれるのか。セックスレスは解消できるのか――。

◼️妻が鼻息荒く、夫は...

 「妻が鼻息荒く、夫は生まれたての子鹿のようにブルブル震えている」......こんな夫婦はよくいるという。いったいどんな言葉が「夫の気分も股間も萎えさせる」のか。

■萎える言葉 ~ベッド編~「昔はよかったのに」「あなただけいかないで/え、もう?」「固くならないね」「気にしないでね」「浮気してるんじゃない?」■萎える言葉 ~リビング編~「お給料少ないよね」「私だけ損してる」「△△(子どもの名前)の前でしないで」「別にどうでもいい」

 圭一郎のセリフにも「言葉って結構傷つくよ?」とある。セックスレスの1つの対処法として、早速今日から「萎え言葉」を封印しよう。

 「私、このまま枯れてくの...?」と悶々としているのは自分だけじゃない。そう感じられることが、どれほど救いになるか。BOOKウォッチで4月8日からスタートする試し読みをお楽しみに!

book_20220404162620.jpg

■目次第1章 私って何?Column01 妊娠中、産後のセックスどうしていますか?第2章 誘っても誘っても......Column02 レス夫は風俗を利用するもの?第3章 家庭を壊すものColumn03 進化する女性向け風俗第4章 私たちは歩みよれるの?Column04 男性が萎える言葉とシチュエーション第5章 それでもやっぱりレス!?Column05 夫と妻の性癖の不一致

■モチさんプロフィール 神奈川県在住の漫画家。漫画執筆のかたわら、広告イラスト、ゲーム美術の仕事も。家族は夫と小学生の娘。

■三松真由美さんプロフィール 恋人・夫婦仲相談所所長(通称すずね所長)、執筆家、恋愛・夫婦仲コメンテーター。夫婦仲、恋仲に悩む女性会員13000名を集め、「結婚・再婚」を真剣に考えるコミュニティを展開。性を通して男女関係をよくするメソッドを考案。特にセックスレスやED、女性の性に詳しく、講演やメディア取材の依頼が絶えない。著書に『夫婦の「幸せ循環」を呼ぶ秘訣』『モンスターワイフ』(ともに講談社)、『きっかけさえつかめば3週間で人生は変わる』(光文社)、『ニッポン男子の下半身が危機的なことに気づいたワタシ』(扶桑社)、『新・抱かない男の見分け方』(スターツ出版)、『堂々再婚』(WAVE出版)ほか多数。(一部、「二松まゆみ」名義)

※画像提供:株式会社KADOKAWA

(BOOKウォッチ編集部 Yukako)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?