「抜け」と「こなれ」って大変すぎない? ジェーン・スーが斬る。

 コラムニストのジェーン・スーさんは、40代も終わりかけになってようやく、「女」が楽しくなってきたという。 誰かのためじゃない、自分が好きな自分でいるために「きれい」になりたい、気がする。雑誌「美ST」(光文社)での人気連載をまとめたエッセイ『きれいになりたい気がしてきた』(光文社)に、ジェーン・スーさんの等身大の「きれい」論がおさめられている。同世代の読者にも、これから40代を迎えるという読者にも共感と発見をもたらすはずだ。 本書から「『抜け』と『こなれ』の落とし穴」のエピソードをご紹介しよう。ここ最近ちまたでよく目にするオシャレワード、「抜け」と「こなれ」。ジェーン・スーさんは、この2つのワードに何を思うのか。

寝起きの顔が可愛かったのは、いつまでだった? 起き抜けに鏡を見て、そんなことを思いました。

 「抜け」と「こなれ」の話のはずが、まず登場したのは「寝起きの顔」。「天然保湿因子のおかげで朝から肌がツヤツヤしていた時代」があったはずが、40代ラストスパートの寝起きは「おやおや朝まで地中で寝ていたのかしら? と思うほど、うるおいやなめらかさとは無縁」。

まるで発掘されたばかりの縄文土器のよう。弥生土器の日もありますね。少し、すべすべしているんです。縄文式にしろ弥生式にしろ、なんというか、全体的にほつれがすごい。

 20年くらい前までは、「大人の女」をやるのはもっと簡単だったとジェーン・スーさんは振り返る。服も靴も鞄も「これさえ持っていればOK」というアイテムがあり、メイクも濃いめで隠したいものは隠せた。ところがこの20年の緩やかな景気後退で、カチッとしたファッションは時代遅れになり、カジュアルなスタイリングがメインストリームになった。いわゆる「抜け感」と「こなれ感」だ。この事実に、ジェーン・スーさんは「恐ろしい!」と悲鳴を上げる。

あのねぇ、「抜け感」なんて寝起きの顔と同じなのよ。つまり、若さと相性がいい。みずみずしい肌、引き締まった体、たっぷりした艶のある髪あってこそ、抜けは輝くものなの。作為でどうにかするには、技術と努力が格段に必要なの。濃いめのメイクや体の線を拾わないハイエンドな衣類など、言わば補整下着の役割を果たす記号がすべて時代遅れになったせいで、我々は危ない橋を渡らされているわけです。抜け感とみすぼらし感は、いつだって背中合わせだもの。こなれ感は、高級な素材あってこそ生まれるものだもの。加えて、いまどきの中年女は常に忙しい。先日とある女性誌で、抜け感もこなれ感もバッチリな某ママタレントさんが「スマホでスケジュールを管理するようになってから、三十分の空き時間が見つけやすくなった」と答えていました。隙間を見つけて詰め込まないと、抜けもこなれも作れないなんて皮肉な話だ。

 20年前の「大人の女」とは違い、カジュアルな若さの延長線上にある「抜け」と「こなれ」の中年女性像。その裏には、継続的な細かい作業が必要なのだ。同世代のみなさんも、「抜け」と「こなれ」をやるのが意外と難しい! と感じたことがあるのではないか。

うーん、令和の四十代って、究極のエアポケットなのかしら? いえいえ、ここ何十年も、四十歳になった途端、女は一気に歳を取らされていたと考えることもできそうです。

 40代ならではの苦難にぶつかり、それでももがいて考えて楽しんで、「きれい」の道を突き進むジェーン・スーさん。どのエッセイも、きっとあなたのオトナ人生の伴走者になってくれるはずだ。

【目次】第一章 世間が望む"おばさん役"から全力で逃げ出そう第二章 次の十年は「効かせ」の十年第三章 自分にとっての「ちょうどいい」第四章 自己受容と諦観は別物よ

■ジェーン・スーさんプロフィール1973年、東京生まれ東京育ちの日本人。作詞家、コラムニスト、ラジオパーソナリティ。TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』、ポッドキャスト番組『ジェーン・スーと堀井美香の「OVER THE SUN」』のパーソナリティとして活躍中。『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』(ポプラ社)、『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』(幻冬舎)、『生きるとか死ぬとか父親とか』(新潮社)、『これでもいいのだ』(中央公論新社)、『ひとまず上出来』(文藝春秋)など著書多数。

ジェーン・スーさん

ジェーン・スーさん

※画像提供:光文社

(BOOKウォッチ編集部)

関連記事(外部サイト)