75歳以上のドライバー必読。認知機能検査合格のため"だけじゃない"問題集

 75歳以上のドライバーは認知機能検査を受ける必要がある。2022年5月にテストの内容が一部変更になったことも踏まえた対策本が刊行されている。

book_20220520124202.jpg

 『一発合格! 運転免許認知機能検査 2022年5月改定対応版』(秀和システム)は、本番の試験と同じパターンの問題が4回分掲載された、試験対策本だ。

 練習問題だけでなく、「認知機能検査はなぜ必要なのか」に始まり、検査の流れや「ボケ防止に役立つ10の習慣」まで、安全なカーライフを送るために必要な情報がまとまっている。

book_20220520124234.jpg

book_20220520124251.jpg

book_20220520124305.jpg

 目次は以下の通り。

初めて認知機能検査を受けるみなさんへ高齢者ドライバーなら知っておきたい 認知機能検査がなぜ必要なのか第1章 認知機能検査って何?第2章 認知機能検査 一発合格のためのアドバイス第3章 4日間短期間集中レッスン!認知機能検査第4章 次の運転免許更新に向けて知っておくべきこと第5章 75歳からのボケ防止に役立つ10の習慣

 長年の運転経験や「慣れ」からくる慢心が、悲惨な事故を招くことも。ハンドルを握るときは、つねに危機感を持つことが大切だ。「自分はまだまだ大丈夫」という方も、認知機能検査の必要性を改めて理解し、自身の運転を厳しい目でチェックしよう。

※画像提供:秀和システム

(BOOKウォッチ編集部)

関連記事(外部サイト)