マッチングアプリの中の人が教えてくれる「男性の本音」って?

 ひと昔前は、「出会い系(アプリ)」は犯罪に巻き込まれてしまうケースが多発するなど、あまり良い印象がなかった。しかし、コロナ禍により新しい出会いが減ったことで、マッチングアプリでパートナーを探す人が増えている。

 YouTubeでは、そんなマッチングアプリのエピソードを赤裸々に綴ったチャンネルもある程に盛り上がりを見せる業界となっている。

 5月25日に発売された『心をラクにする恋の指南書』(二見書房)は、国内最大級のマッチングアプリ「タップル」を運営する会社で働きながら、マッチングアプリ専門家としてYouTubeでも活躍されるとーまさんの初の書籍だ。過去に1000人以上の男女にインタビューをした経験と、実際にマッチングアプリの運営会社で働いているからこそ分かる知見をもとに、楽しく読みやすい1冊となった。

book_20220527124854.jpg

画像は、『心をラクにする恋の指南書』(二見書房)

 とーまさんのYouTubeチャンネルや公式LINEには、恋愛に悩みを抱える女性からの相談がたくさん寄せられる。悩みと接するなかで「心をラクにする恋愛」のために3つの要素が大切であると気が付いたという。

1.男性心理を知る。2.自分を好きになる。3.人生を楽しむ。

 恋愛の悩みとは、上記3つのどれか1つでも不足してしまったときに発生するのでないかと、とーまさんは考える。そこで本書では、この3つの要素を満たす具体的な方法について、テーマ別に紹介していく。自分で自分を幸せにできてこそ、自分が好きな人も、大切だと思う人も幸せにできるはずと、そのためのヒントが満載されている。

??タップルの恋愛は、自分を見つめ直すヒントに!

 本書の冒頭では、マッチングサービスを提供するタップルが行った、2022年4月1日時点の、恋愛に関するリサーチ結果が紹介されている。

book_20220527124910.jpg

恋愛に関するデータを紹介

人気のデートプラン1位:話題のスイーツを食べに行きたい2位:おいしいお肉を食べに行きたい3位:アウトレットでショッピング4位:おいしい焼き肉を食べたい5位:おいしいラーメンを食べに行きたい6位:ドライブデートでちょっとお出かけしたい7位:おしゃれなコーヒースタンドに行きたい8位:ゆるっと散歩したい9位:お酒好きと居酒屋ハシゴ10位:一緒にゲームで遊びたい

 「オンラインデートでチェックされやすいポイントは?」では、女性は「全体の清潔感」「部屋・背景」など全体から伝わる雰囲気をよく見ており、男性は「容姿」「振る舞い・しぐさ」など女性自身をよく見ていることがわかる。オンラインデートで行いたいことの上位は、「お酒を飲む」「ゲームをする」「ご飯を食べる」。

 ほかにも、マッチングしてから期間ごとのデートに誘った人の割合や、出会ってからどのくらいの期間で告白する?などについても。出逢ってから告白までの期間は半年以上がもっとも多い。

 興味深いのが男女ごとの告白の成功率だ。女性からの成功率は70%、男性からの成功率は75%。告白されないと思い悩むくらいなら、思い切って告白してしまってもいいと、アドバイスしている。

??使えるノウハウが詰まっています

 本書には、1000人の男女にインタビューした経験や"マッチングアプリの中のひと"だからこそ伝えられる「真に使える」ノウハウをもとに、男性の深層心理がわかりやすく解説されている。

book_20220527124929.jpg

楽しく、読みやすい誌面が特徴

 例えば、追いかけられる女性になるための行動テクニックでは...。

・「アプローチしていい」と思わせるスキを作る いつも笑顔で接すれば、男性は自然と「アプローチしてもいいんだな」と感じることができるのです。・適度に自立して、適度に甘える 愛される女性は自立と甘えのバランスが絶妙なのです。・わかりやすい女性になる 女性にありがちな「察してほしい」はとにかく苦手。楽しいときは楽しい、悲しいときは悲しいと、幸せなときは幸せと、言葉や態度ではっきり示しましょう。

 恋愛とは、人生を豊かにするとっておきのスパイスだ。本書から、自分のことも相手のことも幸せにできる関係性を築いていくヒントをつかもう。

■とーまさんプロフィール

1992 年生まれ、大分県出身。国内最大級のマッチングアプリ「タップル」を運営する会社で働く会社員であり、マッチングアプリ専門家として活躍中。1000 人以上の男女にインタビューした経験や、マッチングアプリを運営しているからこそ伝えられる恋愛ノウハウを、YouTube チャンネル「とーま【マッチングアプリの中のひと】」で配信するほか、LINE、Twitter、InstagramなどのSNS、雑誌、テレビなど、幅広いメディアで発信している。

book_20220527124947.jpg

著者のとーまさん

※画像提供:二見書房

(BOOKウォッチ編集部)

関連記事(外部サイト)