としまえん、94年目の卒業アルバム!歴史を豊富な資料とともに振り返る

2020年8月31日に閉園した「としまえん」。デートや旅行、家族でのレジャーなど、思い出の場所として記憶に残っている方も多いはず。

book_20220606172234.jpg

画像は『思い出のとしまえん』表紙(文学通信提供)

多くの人に愛されてきたとしまえんのあゆみを1冊にまとめた本『思い出のとしまえん』(文学通信)が発売された。1926年の開園から2020年の閉園までの94年間を400点以上の図版やポスター40点以上とともに振り返っていく。1926年とは大正15年。大正、昭和、平成、令和と、子どもや若者、ファミリーに寄り添ってきた遊園地だ。

としまえんは、世界初の流れるプールや日本初のダークライド「アフリカ館」の開設、機械遺産となった世界最古級の回転木馬「カルーセルエルドラド」の移設、斬新な広告展開など、常に人々を楽しませてくれた。カルーセルは回転木馬、エルドラドは黄金郷という意味を持つ、このメリーゴーランドは1907年にドイツで生まれ、4年後にはニューヨークへ。1969年にとしまえんにきたものの修復に2年もかかったそう。そんな物語もたくさん詰まった一冊だ。

楽しいこと 面白いこと 喜ぶことは何だろうということしか考えてない遊園地でした

book_20220606172307.jpg

「夢をのせて、百年。」(西武園ゆうえんち蔵)

book_20220606172336.jpg

book_20220606172434.jpg

「アドベンチャーゾーン アフリカ」(西武園ゆうえんち蔵)

本書では、練馬区立石神井公園ふるさと文化館で開催された企画展「思い出のとしまえん」をもとにして、ポスターや写真などのさまざまな資料からその歴史をたどっていく。

book_20220606172503.jpg

「史上最低の遊園地。」(西武園ゆうえんち蔵)

book_20220606172530.jpg

「スタッフによる最後の挨拶」(西武園ゆうえんち蔵)

また、としまえん最後の事業運営部長・内田弘氏の講演会「乗り物から振り返る『としまえん』」、小宮佐知子氏による「遊園地の歴史にみる豊島園の開園」も収録されている。娯楽産業に携わる人には貴重な資料としての役割も果たしている。

book_20220606172551.jpg

内田弘講演会「乗り物から振り返る『としまえん』」(西武園ゆうえんち蔵)

100年近くにわたり人々に魅力を発信しつづけてきたとしまえん。親子で代々楽しんだ方も多いはず。卒業アルバムのように歴史を振り返られる1冊なので、なつかしい思い出話に花が咲くのでは。

目次序章 としまえんのはじまり第1章 戦前のとしまえん第2章 戦後のとしまえん第3章 としまえんの広告は面白い終章 閉園と思い出たちもっと知りたい「としまえん」[付録]「企画展 思い出のとしまえん」の記録 時代別園内Map1926/1932頃/1942/1955/1971頃/1977頃/2000頃/2015頃乗りもの・主要施設名索引遊園地運営のための事項索引

※画像提供:文学通信

(BOOKウォッチ編集部)

関連記事(外部サイト)