DEAN & DELUCA(ディーンアンドデルーカ)のパンがもっと楽しくなる28のレシピ

 小麦の香るバゲットやカンパーニュ、ほどよく塩気のきいたフォカッチャに、ふんわり飽きのこない食パン。DEAN & DELUCAのお店には、いつもおいしいパンの香りが漂っている。

 6月23日に刊行される『DEAN & DELUCA MAGAZINE』(株式会社ウェルカム)の5号目となるISSUE 5は、みんなが大好きなパン特集だ。

book_20220610112525.jpg

 巻頭特集では菓子研究家の福田里香さんが、いつものパンをもっとおいしくたのしむために11種類のパンを使って、28のアイデアとレシピを写真と文で紹介する。

 またDEAN & DELUCAの焼菓子などスイーツ商品の監修、フランス菓子に精通するパティシエ・ユニット『Tangentes(タンジェント)』のひとり後藤裕一シェフのインタビューや、料理家、ポルトガル料理ナビゲーター馬田草織さんのエッセイなども掲載。こちらも読み応えたっぷりだ。

 表紙のアートワークを手掛けたのは、雑誌「THE NEW YORKER」などで活躍するイラストレーターのポーリーンさん。パンをたのしむ人々の様々なスタイルが描かれている。

book_20220610114032.gif

 さすがはDEAN & DELUCA、マガジンもおしゃれで凝ったつくりだと思ったら、編集長を務めるのは、「暮らしの手帖」で有名な、あの松浦弥太郎さん。「新しさと古さ両方のぬくもりと、たった一枚の写真、ほんの小さな言葉が、いつまでも心に残るような一冊になれたら嬉しく思います」とメッセージを寄せている。

 コンテンツは以下の通り。

02 Column パンをおいしくこんなふうに by 福田里香04 Interview パティシエ後藤裕一の挑戦       DEAN & DELUCAで働くマーチャント#4 by 權藤さくら・中澤美智18 Cooking 料理の楽しさとおもしろさを。 by 谷山彩子 / エビのガーリックオイル煮、ブレッドサラダ、ミネストローネ 他30 Essay 鰯とピコピコと花火 by 馬田草織34 Lifestyle 創作の源であり、暮らしを営む場所 by ポーリーン・デ・ルッシ・デ・サレ42 Essay NYの街が、いろいろなことを教えてくれる。46 Travelogue ジャッドが暮らしたソーホーの家52 Essay ジャッドの世界観とユーモアが息づく場所

 パンはそのまま食べてもおいしいけれど、ちょっとアレンジを加えるだけで、別の料理として楽しむことができる。DEAN & DELUCAが紹介するこだわりのレシピ、試してみたくなる。

※画像提供:株式会社ウェルカム

(BOOKウォッチ編集部)

関連記事(外部サイト)