いまいち調子がでない日の「ひとりほぐし」をマンガでマスター!

 最近、いまいち調子が出ない......整体やエステも気になるけど、どこに行くのがいいかわからない。そんなとき、「ひとりほぐし」を試してみるのはどうだろう。

book_20220720170020.jpg

『肩こり 便秘 たるみ むくみ うつうつを自分の手でときほぐす! ひとりほぐし』(日経BP)崎田ミナ 著

 『肩こり 便秘 たるみ むくみ うつうつを自分の手でときほぐす! ひとりほぐし』(日経BP)は、著者の崎田ミナさん自らが試して、いちばん気持ちよかった「究極のほぐしワザ」をマンガで図解した1冊だ。頭から足裏まで、全身のほぐし方が部位ごとに網羅されている。

 体の部位別に、大学教授から鍼灸師まで計7人の専門家に著者が納得のいくまで取材して、誰にでもわかるマンガにして解説している。写真よりもわかりやすいと人気だ。この一冊で全身を網羅している点が便利で心強い。

 目次は、以下の通り。

自分の手で ほぐれる、整う! ひとりほぐし「ワザ別 不調解消MAP」第1章 気持ちが落ち着く リラックス神経の「腕ほぐし」第2章 全身の緊張をやわらげてリフトアップ! 整筋で「頭ほぐし」第3章 頭痛、めまい、首こりに ストレスをゆるめる「耳ほぐし」第4章 ほうれい線、二重あご、眼精疲労に 指鍼(ユビバリー)で「顔ほぐし」第5章 肩こり、ぽっこりお腹、むくみに 首、肩、お腹の「深部リンパ節ほぐし」第6章 便秘、冷え、ガス腹、ストレス腹に みぞおちからへそ下の「腸ほぐし」第7章 背中、お尻、太ももの凝り太り解消 テニスボール整筋で「背面ほぐし」第8章 ひざ下・ひじ下の冷えとだるさを取る 「オイルタッチほぐし」第9章 内臓の不調を整え、痛みを軽くする 足裏&手の「反射区ほぐし」第10章 不安が消え、自己肯定感が高まる 顔、胸、頭皮の「タッチほぐし」

book_20220720170043.jpg

「ワザ別不調解消MAP」『ひとりほぐし』から(©崎田ミナ)

 第1章から順に読むのももちろん良いし、冒頭の「ワザ別不調解消MAP」を見れば、いま悩んでいる箇所のほぐし方がどこに載っているか一目瞭然だ。

◼️仕組みがわかると効果アップ

 著者の崎田さんは、これまでにセルフケアの著書を多数出版しているイラストレーター・漫画家。なかでも『自律神経どこでもリセット! ずぼらヨガ』『自律神経どこでもリセット! もっとずぼらヨガ』(飛鳥新社)、『職場で、家で、学校で、働くあなたの疲れをほぐす すごいストレッチ』(エムディエヌコーポレーション)は、いずれもベストセラーに。崎田さん自身、ヨガ通いすることで長年のうつ病を克服した経験がある。

book_20220720170114.jpg

『ひとりほぐし』から(©崎田ミナ)

book_20220720170127.jpg

『ひとりほぐし』から(©崎田ミナ)

 本書では、単に「ほぐしワザ」のやり方を紹介するだけでなく、「なぜ効くのか」「どこに効くのか」のメカニズムまで、マンガでわかりやすく図解されている。

 自分の体の中がどうなっているか、今どこをほぐしているかを理解しながら取り組むことで、「ほぐれ度」が格段にアップするそうだ。

book_20220720170146.jpg

『ひとりほぐし』から(©崎田ミナ)

 これ1冊で、腕、頭、耳、顔、首・肩・お腹、みぞおち~へそ下、背中、お尻、太もも、ひざ下・ひざ下、足裏......と、まさに全身のストレッチをカバーできる。最近なんとなく調子が出ないという人におすすめのセルフケアBOOKだ。

BOOKウォッチでは、以後2回にわたって<第2章 全身の緊張をやわらげてリフトアップ! 整筋で「頭ほぐし」>と、<第6章 便秘、冷え、ガス腹、ストレス腹に みぞおちからへそ下の「腸ほぐし」>から、オススメのワザを詳しく紹介するので、ぜひチェックしてほしい。あまりのわかりやすさに、ついひとりほぐしを始めてしまうこと間違いなしだ。

■崎田ミナさんプロフィール

イラストレーター、漫画家。1978年、群馬県生まれ。武蔵野美術大学短期大学部グラフィックデザイン科卒業。ヨガ通いによって、長年のうつ病を克服。著者の『自律神経どこでもリセット! ずぼらヨガ』『自律神経どこでもリセット! もっとずぼらヨガ』(共に飛鳥新社)、『職場で、家で、学校で、働くあなたの疲れをほぐす すごいストレッチ』(エムディエヌコーポレーション)はいずれもベストセラーとなる。ほかに、『肩コリ・腰痛・冷え・メタボ・不眠をリセット! くう、ねる、うごく! 体メンテ』(マガジンハウス)がある。

※画像提供:日経BP

(BOOKウォッチ編集部)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?