水中写真家・鍵井靖章さんが「にほんの海」をめぐる。鍵井ブルーを再現した写真集

 人気テレビ番組「情熱大陸」や「クレイジージャーニー」への出演で知られる、水中写真家・鍵井靖章さんの写真集『にほんの海 日本列島海中景色紀行』(山と溪谷社)が発売された。日本列島縦断3000km、全26地域の海を撮影。場所が変われば、海の中の様子も全然異なるという。

book_20220815153549.jpg

 本書には、南は南西諸島八重山列島から、北は北海道知床半島まで、全26地域の海が収録されている。全国的にはあまり知られていない海も多い。また、サンゴ礁の「白化現象」、本州や北海道で海藻が消失する「磯焼け」や「赤潮」など各地の環境問題も写真で知ることができる。

 そして、鍵井さんらしい、明るく美しい海の「青」を書籍でもしっかり再現している。デザイナーの三村漢さん、株式会社東京印書館のプリンティングディレクター、高柳昇さんの協力のもと、シアン(青色)は特色インク、マゼンタ(赤色)は彩度の高い広域色印刷専用の特殊インクを使用することで、透明感のある海の色の印刷に成功。こだわりぬいた写真集だ。

book_20220815153609.jpg

book_20220815153623.jpg

book_20220815153636.jpg

 ページを開くと私たちの知らない「にほんの海」が広がっている。あなたも鍵井ブルーに夢中になるに違いない。

■構成南西諸島八重山列島/宮古列島/沖縄諸島/奄美群島/薩南硫黄島・トカラ列島九州鹿児島県錦江湾/熊本県天草諸島/長崎県辰ノ口/福岡県玄界灘四国愛媛県愛南/高知県柏島本州瀬戸内海/紀伊半島/伊豆半島/伊豆諸島/三浦半島/房総半島/小笠原諸島/山口県青海島/山陰海岸/能登半島・富山湾/新潟県佐渡島/山形県飛島/三陸海岸北海道積丹半島/知床半島

■鍵井靖章さんプロフィール

1971年、兵庫県生まれ。水中写真家。1993年よりオーストラリア、伊豆、モルディブに拠点を移し、水中撮影に励む。1998年に帰国し、フリーランスフォトグラファーとして独立。自然のリズムに寄り添い、生き物にできるだけストレスを与えないような撮影スタイルを心がける。多彩な視点と色使いが人気で、大胆かつグラフィカルな水中写真で多くの人々を魅了する。また、3.11以降は、震災を経験した海に生きる生命を定期的に記録している。主な写真集に、『unknown』(日経ナショナルジオグラフィック社刊)、『不思議の国の海』(PIE International)など多数。2013年、2015年 日経ナショナルジオグラフィック優秀賞受賞など受賞歴多数。TBS「情熱大陸」、TBS 「クレイジージャーニー」などにも出演。

※画像提供:インプレス

(BOOKウォッチ編集部)

関連記事(外部サイト)