おしゃべりが止まらない! 自閉スペクトラム症のスバルくんの日常

2022年8月25日『スバルくんは 頭の中 全部言いたくてしょうがない わが家のハッピーBOYは自閉スペクトラム症』(合同出版社)が発売された。

著者の星あかりさんは、自閉スペクトラム症の息子・スバルと暮らす主婦。スバルくんとの日々の中で面白かった出来事をマンガとして発表した。

book_20220825114209.jpg

3歳で自閉スペクトラム症と診断されたスバルくんは、そのころまで言葉が出なかったという。それがいつしか、「頭の中全部言いたくてしょうがない」スーパーおしゃべりBOYに――。

得意と苦手が極端で、親子で大変な思いをすることも多いスバルくん。本作では、赤ちゃん時代から小学校2年生までの日常が描かれている。

第1章 自閉スペクトラム症とわかるまで

book_20220825114229.jpg

第2章 幼稚園のルールと脱走

book_20220825114247.jpg

第3章 趣味とこだわりあふれる年中さん

book_20220825114303.jpg

本書の目次は以下の通り。

第1章 自閉スペクトラム症とわかるまで第2章 幼稚園のルールと脱走第3章 趣味とこだわりあふれる年中さん第4章 ダンスが踊れない第5章 小学校準備はマイ・ウェイ第6章 博士が集う特別支援学級第7章 苦手に立ち向かう2年生

わかりやすく明るいタッチの作品なので、子育てでお悩みの方もぜひ手に取ってみてほしい。

※画像提供:合同出版株式会社

(BOOKウォッチ編集部)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?