その服、本当に似合ってる? 40歳からは"こなれ"がすべて

1973年生まれのファッションエディター、坪田あさみさん。「大人の抜け感」を提唱し、女性誌を中心に活躍し続けるアラフィフのファッションリーダーだ。

そんな坪田さんのスタイルブック『おとなのおしゃれはこなれがすべて』(PARCO出版)が9月20日に発売された。

book_20220930112903.jpg

坪田さんがアラフォー世代に提案するのは、すぐに実践できる34の"こなれ"メソッドだ。

book_20220930112918.jpg

本書で紹介しているのは、固定概念をくつがえすおしゃれの新常識だ。

・「こなれ」に最新の服はいらない・「一生もののバッグ」って幻想だ・おしゃれプロも頼りにする3つの"飛び道具"・大人のデニムは「ハズし」役に徹する・骨を強調すればマイナス3kg見え・なにはともあれ眉だけは流行に乗れ ほか

キーワードは「大人の抜け感」を意識すること。本書には、若い頃のファッションスタイルではなく、アラフォー世代の落ち着いた女性だからこそ似合うスタイリングのコツと美容法が1冊にまとまっている。

book_20220930112934.jpg

「40代からのファッションこれでいいのかな?」とちょっぴり不安なあなたにこそおすすめしたい即実践できる最強メソッドの数々。これまでのファッションを見直して、大人の"こなれ"感を纏ってみてはいかがだろうか。

■坪田あさみさんプロフィールつぼた・あさみ/1973年生まれ。大学卒業後出版社に入社し、編集者としてのキャリアをスタート。フリーランスのエディター、ライターとして独立後は、女性誌全般に活躍の場を広げ、ファッションテーマを中心に多くの企画を手がける。広告、web媒体などでの執筆も精力的に取り組み、近年はアパレルブランドとの協業など、仕事の幅を広げている。日々の着こなしや海街でのライフスタイルを発信し続けるインスタグラムは大人の女性から大きな支持を得ている

※画像提供:PARCO出版

(BOOKウォッチ編集部)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?