きっかけはコメダおじさん? ドイツ出身ニットデザイナーがつくるあみぐるみが可愛い!

ドイツ出身のニットデザイナー、人気編み物作家のベルンド・ケストラーさんによる初のあみぐるみの本『ベルンド・ケストラーのポケットドール』(日本文芸社)が9月30日に発売された。

book_20221003132028.jpg

ケストラーさんは12歳から独学で編み物を始め、1988年に来日以来、全国各地の編み物教室の講師を務めている。今回教えてくれるのは、棒針を使ってまっすぐに編むあみぐるみ、ポケットドールだ。

book_20221003132046.jpg

ケストラーさんがポケットドールを作り始めるきっかけになったのはなんと、日本全国にあるコメダ珈琲店の小さな青いキャラクター「コメダおじさん」だそう。最近ではLINEのスタンプになるほどじわじわと注目されている「コメダおじさん」をモデルに何か新しい物を作れないかと試行錯誤した結果、ポケットドールが誕生したという。

book_20221003132103.jpg

コメダおじさん

作り方はとっても簡単で、頭から足に向かってひたすらに編むだけ。手がポケットに入っているので首、脇、股部分の人形本体と顔やパーツを縫えば完成する。少量の毛糸で作れるのも嬉しい。

book_20221003132122.jpg

これからのシーズンにぴったり

本書では、そんな「コメダおじさん」を含む26体のポケットドールの作り方を紹介している。

【掲載作品】

サンタクロース/トナカイ/ジンジャーブレッドマン/スノーマン/ピエロ/魔法使い/イースターバニー/宇宙飛行士/エイリアン/忍者・くノ一/パイレーツ/近衛兵/カウボーイ/煙突掃除人/ロックスター/力士/囚人/バイカー/サーファー/スノーボーダー/コメダくん/花婿/花嫁/牧師

book_20221003132142.jpg

ポケットドールとは

ケストラーさんならではの色使いとフォルムがかわいくて、ついつい作りすぎてしまうかも。

book_20221003132204.jpg

基本形のテンプレートをもとに、針のサイズや糸の太さ、カラーを変えるなど、慣れてきたら自分なりにアレンジするのも楽しい。オリジナリティ溢れるポケットドールでインテリアを彩ってみては。

book_20221003132223.jpg

■ベルンド・ケストラーさんプロフィール

Bernd Kestler/ドイツ出身のニットデザイナー。12歳から独学で編み物を始める。1998年の来日以来、全国各地の編み物教室の講師をつとめたり、東日本震災時には被災地で寒い思いをする方々に向けた" Knit for Japan" のプロジェクトを立ち上げるなど、編み物を通した社会活動に取り組んでいる。バイク好きで、編み物道具とともに出かけるのが日課。著書は『ベルンド・ケストラーのスパイラルソックス』(世界文化社)、『ベルンド・ケストラーの表編みと裏編みだけの模様編み120 』(日本文芸社) 他多数。

book_20221003132242.jpg

著者のBernd Kestler (ベルンド・ケストラー)さん

※画像提供:日本文芸社

(BOOKウォッチ編集部)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?